エンタメ

りゅうちぇる「干された」報道に「テレビだけがお仕事の全てではない」 歌手活動は順調

【この記事のキーワード】
【完成】りゅうちぇる「干された」報道に「テレビだけがお仕事の全てではない」 歌手活動は順調の画像1

RYUCHELL『SUPER CANDY BOY』(ユニバーサルミュージック)

 りゅうちぇるがネットニュースで「テレビから干された」という報道に真っ向から反論している。

 18日に徳間書店が運営するネットニュースサイト「アサジョ」が配信した「無表情に心配の声が殺到!りゅうちぇるがテレビから干された本当の理由とは?」という記事に対し、りゅうちぇるはツイッターを通して<まって僕って干されたの?>と反応した。

 「アサジョ」は13日にりゅうちぇるがインスタグラムにアップした写真で顔に生気がなかったと紹介。その投稿には<ぼくの未来のためにはぼくが動きださないといけない>といったコメントが添えられていたのだが、その真意について<メディア露出が激減しているため、テレビなどの仕事以外のステップアップを模索しているのではないかという憶測も飛び交っている>と解説した。

 そのうえで、テレビの仕事がなくなった原因について、これまでの発言やタトゥーを入れたことなどが炎上し、業界では扱いにくいキャラクターになってしまったからだとしている。

 この記事に、りゅうちぇるはツイートを通じてこのように反論した。

<ネットニュースってどうしてある事無い事書くんだろう 歌のお仕事を始めたのと子育ての時間を作る為に事務所と話してバラエティを抑えさせてもらったのは事実です!それで干されるって言われるなら仕方ないですが、ファンの子分かると思うけど今全くテレビに出てないわけではないよ>
<僕はテレビだけがお仕事の全てではないと思ってて、でもテレビで僕を見たいって楽しみにしてくれるファンの子がいるから、今までみたいにたくさんは出られないけど、全くテレビに出ない!ってことは絶対しないので、ファンの子には安心してほしいです これからもこんな僕を宜しくお願いします>
<あと、こうして色々言われてしまうのも正直、このお仕事では仕方のないところかもしれないです でも!最後にひとつ言わせていただくのであれば、大切な家族を守らないといけないぼくにとって干されてる暇なんてありません!何があってもお仕事全力で頑張るよ>

りゅうちぇるが歌を通して伝えたいこと

 りゅうちぇるのツイートにもある通り、彼は現在「RYUCHELL」名義で歌手活動を積極的に行っている。

 4月にはデビューアルバム『SUPER CANDY BOY』をリリースした。前山田健一やケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)といった作曲家が参加し、1980年代風の音でまとめられた作品は評価が高い。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。