自転車が車道を走れないなら、「歩道は押して歩く」というルールはどうだろう

【この記事のキーワード】

自動車こそ制限できないのか

 いうまでもなく、こうしたルールが実施されれば、車道を走る自転車が増えることになろうから、自転車が被害者となる事故が増えてしまうリスクもある。事故を減らすという政策目標に沿わず現実的ではない、という意見も多そうだが、これは歩行者と自転車だけの問題ではない。日本の交通システム、特に都市交通全体の問題だ。

 自動車中心の日本の道路交通の中で、自転車はこれまで正当な地位を与えられず、歩行者と同様、脇に追いやられた存在となっている。一部ヨーロッパの自転車が盛んな国々のように自転車が優遇される状況が唯一の「正解」ではないだろうし、事情も違うから簡単にまねできるものでもないが、少なくとも自転車を交通手段のひとつとして政策的に推進していこうというなら、もう少しまともな扱いをしてもバチは当たらない。

 歩行者が歩道を安全に歩けるようにするためには、自転車が車道を安全に走れるようにしなければならない。今の日本の道路は自動車に甘すぎるのではないか。少なくとも大都市部においては、自動車のためのレーンを減らしたり、違法駐車の取り締まりを強化したり、公共交通を使いやすくしたりするなど、やれること、やるべきことは数多くあるだろう。

 京都では、四条通の車線数を減らして歩道を拡幅し「あるくまち」を打ち出したが、マイカー規制を併せて行わなかったために車道の大渋滞を招いた。どうしても自動車でないと移動できない身体的状況の方々が外出をあきらめるような状況では本末転倒だ。全体のバランスを考え、体系立てた施策のパッケージが必要なのだろう。

 歩道を安心して歩ける街は、自転車が安心して走れる街、またどうしても自動車に頼らざるを得ない人たちが支障なく自動車を使える街であってほしい。個人的には正直あまり歓迎しないオリンピックだが、街のあり方を考え直すきっかけにはなる。「誰が悪い」ではなく、どうしたらよりよいバランスが実現できるか、知恵を絞るタイミングではないか。

1 2 3

「自転車が車道を走れないなら、「歩道は押して歩く」というルールはどうだろう」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。