健康

年齢によって衰えた記憶力は復活させることが可能か

【この記事のキーワード】
【完成】年齢によって衰えた記憶力は復活させることが可能かの画像1

「Getty Images」より

 年を重ねれば誰でも物忘れは激しくなる。昨夜、何を食べたか思い出せない。名前や顔を忘れる。しかし、脳に磁気刺激を与えれば電光石火、年齢によって衰えた記憶力がたちまち蘇るかもしれない……。そんな希望をもたらす研究成果が発表された。

 米ノースウェスタン大学ファインバーグ医学部神経学のJoel Voss氏らの研究グループは、「脳に磁気刺激を5日間与え続けた高齢者の記憶力が若年の対照群と同程度にまで改善した」とする研究成果を「Neurology」4月17日オンライン版に発表した。

 Voss氏は経頭蓋磁気刺激法(transcranial magnetic stimulation;TMS)によって、加齢に伴い萎縮する海馬を中心とした記憶に関わる領域を活性化できると推定し、研究を重ねてきた。FDA(米食品医薬品局)は、すでにうつ病の治療法としてTMSを承認している。

5日間の磁気刺激で高齢者群の記憶力が向上

 今回の研究対象は、年齢相応の記憶力の低下がみられる64~80歳の男女15人。参加者は、頭部に8の字型の磁気コイルを装着し、機能的MRI(fMRI)を用いて海馬などの特定の脳領域に磁気刺激を与えた。磁気刺激は1回当たり30分を5日間連続して行った。海馬は脳の奥深い場所にあるため磁場が届きにくい。そのため左耳の後ろ側の少し上に位置し、海馬と密接に結びついている頭頂葉を標的とした。

 対象者の脳にTMSによる刺激を与えた後、磁気刺激による持続的な影響を調べるため、休息日を経て検査。その結果、記憶課題の正答率は、研究開始前は平均年齢25歳の若い対照群の55%に対して高齢者群は約40%と低かったが、TMSによる刺激後は高齢者群でも対照群に匹敵する正答率が得られたのだ。

 Voss氏は「与えた刺激に応じて、海馬の神経ネットワークは活性化される。海馬の神経活動が刺激を受けると記憶を形成する機能が向上する」と説明する。

 また、高齢者群では物事を思い出す能力も31%改善し、記憶テストの正答数は、刺激前の84問中33問から刺激後には43問へと増加した。ただ、1週間後のフォローアップ検査時には記憶力の改善効果は消失していた。

 Voss氏は「より長時間の刺激を与えたり、刺激を変えたりすれば、効果の持続期間を延ばせるのではないか」と述べている。

 電極を備えた特殊な脳波(EEG)キャップによって高齢者の作業記憶(ワーキングメモリー)が向上したとする「Nature Neuroscience」の研究近発表もある。

 米アルツハイマー病協会のRebecca Edelmayer氏は「TMSは脳を刺激する非侵襲的な方法の一つだ。薬物療法以外の方法で脳の神経伝達を促せば、神経変性疾患の治療を前進させるかもしれない」と指摘している。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。