社会

今治タオル不買運動に、NHK「技能実習生の悲惨な実態」から誤解が拡散

【この記事のキーワード】
【完成】今治タオル不買運動に、NHK「技能実習生の悲惨な実態」から誤解が拡散の画像1

NHK『ノーナレ』公式ホームページより

 24日放送のNHKのドキュメンタリー番組『ノーナレ』は、愛媛県のタオル縫製工場で働くベトナム人の技能実習生の悲惨な実態を取り上げた。放送終了後、ネットでは今治タオル不買運動や企業への誹謗中傷という騒動に発展している。

 『ノーナレ』では、裁縫の技術を学ぶために日本にやってきたというベトナム人技能実習生たちは、もともと婦人服や子ども服の製造という名目で雇われたが、実際はタオルの製法だったと告発。ベトナム人技能実習生たちは窓もない狭い寮で28人が暮らすなど、劣悪な生活環境におかれながら長時間・低賃金労働を強いられ、ノルマが終わらなければ「ベトナムに強制帰国させる」と脅されると訴えた。

 「愛媛」「タオル」といえば今治タオルが有名であり、番組放送後からTwitterでは「もう今治タオルは絶対に買わない」「今治タオルは非人道的なブラック労働ブランド」などと今治タオルそのものをバッシングする声が相次いだ。<#今治タオル不買>というハッシュタグも登場し、不買運動も巻き起こっている。

 番組内では工場の会社名が伏せられていたものの、カメラに映り込んだ工場の外観や看板などから、森清タオルを製造・販売する株式会社オルネットではないかというネットユーザーの声が拡散、同社に対する批判が相次ぎ、ホームページはアクセスが集中して一時閲覧できない状態となっていた。

 騒動を受けて株式会社オルネットは25日、公式ホームページ上にて関与を否定した。

<6月24日にNHKの『ノーナレ』という番組で今治のタオルの縫製工場が取り上げられました。当社ではないかという問い合わせが何件か寄せられていますが、当社は関連会社を含め、技能実習生の雇用をしておりません>

 そもそも技能実習生の雇用をしていないと表明したにもかかわらず、ネット炎上は続き、オルネットは26日にも<今回のような誤った報道が拡散されていくことに当社は大変遺憾に感じています>としたうえで、<現時点で事実無根の誹謗中傷の電話や、まとめサイト、SNS等が昼夜問わず多数寄せられており、業務への支障が生じています>と訴えている。

 NHKも番組の公式サイト上で、取材先はオルネットではないと否定。<番組で実習生が働いている会社として、特定の企業(森清タオル・オルネット)を中傷する内容がインターネットに書き込まれていますが、その企業は、当番組で取り上げた会社ではありません>と名指しして、誤解が広まらないように呼びかけた。すると今度はNHKに対して、「風評被害を防ぐため、悪徳な会社名を明かすべき」と指摘・批判する向きが強まりつつある。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。