『アメトーーク!』打ち切りどうなる 宮迫問題のスポンサー離れと「マンネリ化」

【この記事のキーワード】

スポンサー離れで『アメトーーク!』打ち切りか

 宮迫博之の闇営業騒動が勃発した後の『アメトーーク!』放送(6月13日、20日)では、数本のCMが「公益社団法人ACジャパン」に差し替えられた。ACジャパンのCMは急きょCM枠に空きができた時や、スポンサーがCM差し替えを申し出た時に放送される。

 一部スポーツ紙によると、番組には視聴者からの抗議が殺到しており、実際に複数のスポンサーが降板しているという。このままスポンサーが戻らなければ、番組打ち切りもあり得るだろう。

『アメトーーク!』今後の放送は? 宮迫博之ら謹慎、サントリーコラボ動画も削除

 吉本興業は24日、雨上がり決死隊の宮迫博之ら同社所属のタレント11名の活動停止と謹慎処分を発表した。「フライデー」(講談社)が報じた、芸人たちによる大…

『アメトーーク!』打ち切りどうなる 宮迫問題のスポンサー離れと「マンネリ化」の画像1
『アメトーーク!』打ち切りどうなる 宮迫問題のスポンサー離れと「マンネリ化」の画像2 ウェジー 2019.06.24

 もちろん番組の制作スタッフは、今後も継続させたいという思いが強いようだ。「週刊文春」2019年7月4日号(文藝春秋)では、『ロンドンハーツ』と『アメトーーク!』のプロデューサーである加地倫三氏の意向を報じている。

 記事のよると、加地氏を含めた番組スタッフは、長年、ロンドンブーツや雨上がり決死隊と仕事をしてきたことにより、強い仲間意識をもっている。今回の謹慎処分に対しても「芸人を守りたい」という意見のようで、宮迫が不在の間は深夜に放送されている若手芸人の番組を持ってきたり、宮迫に代わる司会者を投入したりして、復帰まで繋ぐ案などが出ているという。

 とはいえ、それは復帰前提の話だろう。宮迫や田村亮は、闇営業報道の直後はこの問題を甘く捉えていたのか、口裏を合わせて「ギャラは受け取っていない」と虚偽の説明をした。このことで一気に、スポンサーの信用を失ったことは間違いない。保身のため嘘をついた彼らが、以前とまったく同じポジションにおさまることは難しいのではないか。

 『アメトーーク!』は木曜日の夜11時20分という時間ながら、一時は20%台の高視聴率をたたき出すこともある人気番組だった。しかし最近は視聴率もひとケタ台に落ち込んでおり、マンネリ化の傾向も否めない。どんな番組にも終わりはくるものであり、今がその時なのかもしれない。

1 2

「『アメトーーク!』打ち切りどうなる 宮迫問題のスポンサー離れと「マンネリ化」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。