エンタメ

『あなたの番です』反撃編、横浜流星と田中圭のバディに期待大!!

【この記事のキーワード】
【完成】『あなたの番です』反撃編、横浜流星と田中圭のバディに期待大!!の画像1

『あなたの番です-反撃編』(日本テレビ公式サイトより)

 夏ドラマの先陣を切って6月30日から第二章『あなたの番です 反撃編』(日本テレビ系)がスタート。第一章では怒涛の展開で人が殺されまくり、謎はひたすら深まるばかり。残酷な殺人ゲームをエンタメに昇華させた制作チームの手腕もさることながら、『反撃編』から新登場する横浜流星さんにアツ姉の期待は高まりきっているようです。

 クールな理系大学院生というお似合いすぎるキャラクターを演じる横浜流星さんが、田中圭さんとバディを組んでこの不可解な連続殺人事件の謎に挑む『あなたの番です 反撃編』。収録の模様を現場からアツがお届けします!

――――――

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 つい先日、年が明けたと思っていたのに気がついたらあっという間に半年が過ぎ、2019年も下半期に突入。黒柳徹子さんが「年をとると時間の流れがどんどん早くなって、10年の歳月なんて束になって過ぎて行くのよ」とおっしゃっていたけどホントそう。年々、早くなって行くのよね。このままボーッとしてるとすぐに年末になっちゃいそうだけど、まずは暑くなりそうな令和初の夏を皆さんはどのように過ごされますか?

 前にもちょっと書いたけど、各テレビ局のドラマプロデューサーは「令和初の夏ドラは夏枯れとは言わせない。来年は東京2020オリンピックもあるし、今年の夏ドラは勝負どころなんだ」と意気込む一方で、取材陣たちは「全体的に前評判は悪いよ。夏枯れにも程がある」との辛口コメントばかり。でもね、実は半年間放送なんて大丈夫か不安視されていた田中圭さんの主演ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)、3カ月の前半戦を終えてめちゃくちゃ盛り上がっていると思わない?

 木村多江さんの狂気的な熱演、主演のはずだった原田知世さんが死体で発見されるなど、第一章ラストの怒涛の展開で視聴者を釘付けにした『あなたの番です』。これから始まる『反撃編』も絶対に外せないわ。何たって『反撃編』から新たに加わるキャストが横浜流星くんなんだもの!

 永遠の恋愛バイブル『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で“無敵ピンクのゆりゆり”を演じ、一躍人気が沸騰した流星くんよ。これはアツ的には見なくちゃでしょ?  正直な話、第一章はあんまり熱心に見ていなかったんだけど、流星くんが出ると聞いて、いきなり突撃取材に行ってしまう身勝手なアツを許して〜!

第二章のとっておきの隠し球“横浜流星”

 『あなたの番です』のテーマは“交換殺人”で、原田知世さん演じる菜奈と田中圭さん演じる翔太のラブラブカップルが越してきたマンション内で、次々と殺人事件が起きるという、謎が謎を呼ぶミステリー。

 第一章の終わりでは何と翔太最愛の菜奈が殺されてしまって、新章である第二章は翔太が反撃を開始するところからのスタートに。キャッチコピーは「殺られる前に暴いてやる。」で、翔太と一緒に犯人探しをしてくれるのが、横浜流星くん演じるマンションの新たな住人・二階堂忍ってわけ。

 忍は殺人マンションの住人である沙和(西野七瀬)と同じ大学の工学部でAIの開発をしている大学院生。クールな青年で人とコミュニケーションを取るのが苦手、ちょっと見は無愛想なんだけど、科学で証明出来ないことは一切信じないという合理的なタイプだから「殺人が起きるという評判の悪いマンション」と聞いてもへっちゃら。頭脳明晰な忍が翔太の最強のバディとなって菜奈を殺した犯人を追い詰めていく展開の第二章。ね、これはソソられちゃうでしょ?

 日テレでは約25年ぶりの2クール連続放送という気合い入りまくりのドラマで、引っ張りだこの田中圭さんはじめ個性的なキャストが勢揃いしていることや、秋元康氏が企画・原案を手がけていることもあって当初は話題を集めたんだけど、蓋を開けてみたら視聴率もずっと一桁の低空飛行。「田中圭のムダ遣い」とか「田中圭はクズ男を演じてナンボ。なのに翔太のキャラがやたら明るいから見ていて疲れる」等と散々……。

 残念ながら「2クールなんてとても見続けられない」と言われていたのに、とんでもない殺人ゲームがどんどん進むごとに離れられなくなる視聴者も増えているみたい。しかも第二章に“横浜流星”というとっておきの隠し球があったなんて。ホント視聴者にとっては嬉しい誤算よね。

 さぁてアツが突撃したのは待望の流星くんのクランクイン当日。304号室に越してきた忍の部屋に、翔太が手作り鍋を持っていくシーンからよーいスタート。普段は片手で食べられる栄養補助食品しか口にしない忍だけど、イヤイヤながらも翔太と男2人で鍋を囲むことに。ギクシャク感もうまく醸し出されていてすごくいいムード、一気に引き込まれちゃったわ。

 「緊張して昨夜は眠れなかったんです」と照れる流星くんに、心の中で「ヤダ、私もよ」とこっそり頷きつつも、冷静さを装って流星くんの言葉に耳を傾けてきました~。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。