エンタメ

中居正広からジャニー喜多川氏への思いとは「SMAPはわが子と同じ」「命をかけても守る」

【この記事のキーワード】
中居正広からジャニー喜多川氏への思いとは「SMAPはわが子と同じ」「命をかけても守る」の画像1

中居正広

 2016年末のSMAP解散以降、ジャニーズ事務所からの独立が噂され続けている中居正広。「週刊新潮」2019年7月4日(新潮社)は、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏がその座を退いた場合、ついに中居の退所が濃厚になると報じている。

 ジャニー喜多川氏は6月18日、自宅で倒れ病院に緊急搬送された。その容態については公表されていないが、同誌によると「実は、脳卒中を発症していた」という。ただし「週刊文春」(文藝春秋)ではジャニーズ側は「心臓は動いている」の一点張り、「女性セブン」(小学館)では「脳梗塞など脳関係の病気で危篤、亡くなったという情報が錯そう」とあり、詳細は不明。いずれにしろ87歳と高齢であり、現在まで第一線でタレントを指導していたことが不思議なほどではある。ジャニー氏の緊急搬送当日、中居の送迎車は深夜になっても病院を離れなかったそうだ。

 2016年に勃発したSMAP解散騒動は、SMAPを育てたマネージャー・飯島三智氏が、メリー喜多川副社長・藤島ジュリー景子副社長と対立し退社したことが発端。SMAP5人そろっての独立も話し合われたが、最終的に木村拓哉と中居正広はジャニーズ事務所に残った。「週刊新潮」によれば、中居がジャニーズ事務所残留を決めた理由のひとつは、ジャニー氏への“恩義”だったという。

 ジャニー氏が引退となれば次期社長は藤島ジュリー景子氏が濃厚であり、そうなれば中居は独立する可能性が高いというわけだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。