社会

児童扶養手当の自宅訪問調査で母親がうつ病に タンスの中身を確認し元夫に連絡をするのは“適切”なのか?

【この記事のキーワード】

高松市公式サイトより

 香川県高松市で、こども家庭課の男性職員が昨年8月の午後7時頃と昨年9月の午後8時頃に、「児童扶養手当」を受給する母子世帯を訪問し、“調査”を行っていたことがわかった。児童扶養手当は同居男性がいると受給資格を失うことから、男性職員はその有無を確認するため、家にあがり、タンスの中の衣類をスマートフォンで撮影したりしたという。

 今月2日の市議会でこの件に言及した岡田まなみ市議は「男性ひとりが夜、女性宅に不利益をほのめかして入室するのは行き過ぎた調査だ」と指摘。また、「調査を断れば手当が止まる可能性がある」と言われ職員を部屋に上げた母親はその後、うつ病と診断されたという。

 一方、大西秀人市長は「受給者が在宅の時間帯に調査をするので、夕方以降になることもある」「調査員の男女の別は関係ない」「国の事務処理マニュアルに従い、適正な調査だった」と答弁。間違ったことはしていないと反論した。
 
 ひとり親家庭等が対象の児童扶養手当には、いくつかの受給条件があり、「児童が父又は母の配偶者(事実上の配偶者を含む)と生計を同じくしているとき」は対象外となる。いわゆる「内縁関係」「事実婚」などのパートナーの存在が認められる場合だ。とはいえ、どういった状況ならば「内縁関係」「事実婚」に該当するのか、はっきりとした規定はない。高松市はなぜ、執拗な調査を行ったのだろうか。高松市役所こども家庭課の担当者から話を聞くことができた。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。