企業は「健康経営」で人手不足・ヒューマンエラー・生産性改善まで解決できる

【この記事のキーワード】

健康ではない経営では何が起きるか

 健康経営が企業の業績向上に寄与するのであれば、従業員の健康管理に関与しない企業ではどのようは弊害が考えられるだろうか。

 まず、従業員の体調不良が生じやすくなり、仕事へのモチベーションや集中力が低下して労働生産性が下がることが予想できる。また、遅刻や早退、欠勤が増え、離職率も高まれば採用コストが増加してしまうだろう。

 それだけではない。生産性が下がれば業績も悪化するが、社員からの評価が低く離職率も高まれば、企業イメージが悪化することになる。結局、健康経営を行うための費用を惜しんだ結果、収益が悪化してより健康経営を行う余裕がなくなってしまう可能性がある。

 とはいえ、一般的な企業はジョンソン・エンド・ジョンソンのような調査を行うことはないため、健康経営の費用対効果が見えにくい。また、社員から見ても、十分な説明がなされなければ、会社から健康管理まで口出しされたくないという気持ちを持たれやすいかもしれない。

 そのため、とくに資金的余裕のない中小企業においては、経営陣も従業員も共に健康経営に対しては消極的になってしまうか、中途半端な試みをして結果を出せないうちに挫折してしまう可能性がある。この辺りは、大企業が目に見える成果を発表して範を示すか、経済産業省がより効果的な啓蒙活動を行う必要があるだろう。

なぜ、健康経営が注目されているのか

 健康経営が企業の業績向上やイメージアップに寄与すると注目されるようになった背景には、企業を取り巻く環境の変化がある。

 まず、労働人口の減少による人手不足がある。人員増加が難しい時代においては、従業員一人当たりの生産性を高めなければ社内総生産(GCP)も下がってしまう。そこで従業員の生産性を高めるために、健康経営が注目されるようになった。

 また、売り手市場でより優秀な人材を確保するために、労働環境の良さをアピールする必要があることからも、健康経営が注目されるようになったのだ。労働環境の良さをアピールするのは、ブラック企業の社会問題化も背景にある。ブラック企業と呼ばれる企業の特徴として、従業員一人当たりの仕事量が過大であることや、時間外労働を強いられるストレスの大きさ、また、休みを取りにくい職場環境がある。しかし、健康経営を推進している企業であれば、労働環境が良い印象を持たれるため、優秀な人材確保に有利に働く。

 そして、医療費の負担が増加していることが上げられる。近年は特にメンタルな面での不調を訴える従業員が増加していることから、企業の医療費負担が増加している。その結果、健康保険組合にも赤字経営に陥っているところが増えている。

 このように医療負担が増加すれば、結局は企業の収益を圧迫してしまうのだ。このことについて健康保険連合会は、団塊の世代が後期高齢者に入り始めて拠出負担金が急増することを予測し、「2022年危機」と呼んで警鐘を鳴らしている。(健康保険組合連合会『2019年度健康保険組合予算早期集計結果と「2022年危機」に向けた見通し等について』)

1 2 3 4

「企業は「健康経営」で人手不足・ヒューマンエラー・生産性改善まで解決できる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。