キム・カーダシアンの「kimono」は文化盗用か 「正しさ」そのものの多様性

【この記事のキーワード】

優位にある者の文化を利用しても「勝手に利用」にはならない

 文化盗用が問題になるのは、社会において当該文化を自らのものとする人々が文化的、経済的、社会的に差別されるなど不当な扱いを受けているという文脈があるからだ。欧米諸国が他の国々と比べてさまざまな面で優位にあり、欧米社会の中でマイノリティの人種差別が未だに残っていることが背景としてある。しかしそれは、あくまで欧米社会での話だ。世界の異なる場所ではいうまでもなく状況は異なっている。

 たとえば日本人が白人文化を「勝手に利用」することに対してなぜ誰も何もいわないのか、という批判に対しては、劣位にある者が優位にある者の文化を利用しても「勝手に利用」にはならない、という答えが返ってくる。確かに日系人は欧米社会においてマイノリティであり、しばしば差別される立場にあるが、日本においてはそうではない。むしろ日本人が多数派であって、欧米人を含む外国人は日本のほとんどの場所においてマイノリティだ。日本において、外国人に対する差別もある。

 米国においてマジョリティである米国人が米国においてマイノリティである日系人の文化に属する日本の着物を着ることが文化盗用であるならば、なぜ日本においてマジョリティである日本人が日本においてマイノリティである米系の人々の文化に属する米国のジーンズをはくことは文化盗用といわないのか。

 最近は一年中日本のどこかで開かれているオクトーバーフェストも、日本オリジナルとされるがその根源を考えればどうみても西欧由来のゴスロリも、同じだ。元々の宗教的意味は完全に消えてしまい、信者でもない人々がただバカ騒ぎをするだけの日になってしまったクリスマスやハロウィンに欧米文化への敬意はあるのだろうか。

 つまり何が言いたいかというと、何が文化盗用にあたるのかを決めるのが「私たち」ではなく「彼ら」に限られていること自体が問題だということだ。このことは言外に、日本の文化よりも欧米の文化のほうが優れているという価値観が、彼らの中に(そして私たちにも)根強く存在していることを示している。だから盗用かどうかは彼らの基準によって判断され、私たちが欧米文化を勝手に利用しても盗用ではないとされるのだ。

そもそもその文化は誰のものなのか

 他の国々に自分たちの文化を押しつけることをしばしば「文化帝国主義」などと呼ぶが、たとえそれを排し、多様性を主張してみせたとしても、何がその多様性の中に含まれるのかを決めるのは結局彼らであって私たちではない。こうした、一見多様な価値観を尊重するかにみえながらその判断基準を設定できる立場を手放そうとはしない姿勢は、きつい表現をするなら「文化帝国主義2.0」とでも呼ぶべきものだろう。

 さらに問うなら、そもそもその文化は誰のものなのか、という問題もある。

 2015年、ボストン美術館は、巡回展で行われていた着物の試着イベント「キモノ・ウェンズデー」を「人種差別だ」という抗議を受けて中止した。クロード・モネの絵画「ラ・ジャポネーズ」の前で着物に触れたり、試着したりして絵画の前で記念撮影できるイベントだった。白人女性が着物を羽織ってポーズをとっている絵の前で自分も同じように、というわけだが、ソーシャルメディア上で「文化的に無神経で人種差別だ」との抗議の声が広がり、中止に追い込まれた。

 報道によると、反対の声を挙げた人々は、「アメリカ国内のアジア系アメリカ人としての私たちのアイデンティティや経験、そして歴史に対する侮辱であるばかりか、社会全体に固定観念を植え続け、今の私たちの声を否定し続ける影響もある」と述べたという。

 確かに、米国において着物、というか着物を着た女性はgeisha girlと結び付けてとらえられがちで、日々そうしたイメージを押し付けられているアジア系アメリカ人女性たちから上掲のような意見が出るのもわからなくはない。日本でも同様の意見の人は少なからずいるだろう。しかしそうした人々は、どれだけ着物を作り、売り、着ているのだろうか。そもそも着物は彼らが独占すべき文化なのだろうか?

 着物産業は昭和の終わり頃をピークとして衰退の一途をたどっており、滅亡の淵にあるといってもおおげさではない。海外だけではなく、日本に住む日本人もまた、文化としての着物を自ら捨て去ろうとしている。着物を作り売っている人々や、ふだんから着物を愛好している人々は、外国人が着物を着たぐらいで文化盗用などと騒ぎ立てることはなかろう。むしろ着物文化が世界に広まっていくこと、着物の売り上げが増えてその存続可能性が高まることを喜ぶのではないか。

 ふだんから比較的よく着物を着るひとりとして(仕事の際も、海外でも着ることはちょくちょくある。晴れ着というより普段着としての場合のほうが多い)言わせてもらえば、自分で着るわけでもない着物を勝手に自分の所有物であるかのように「外国人は着るな」と声高に主張し、その将来を狭めている人たちもまた、文化を「勝手に利用」している。どちらの意見が正しいか、ではない。正しさそのものが多様であることを認めるかどうかだ。

1 2 3

「キム・カーダシアンの「kimono」は文化盗用か 「正しさ」そのものの多様性」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。