SMAP完全解禁か ジャニー喜多川氏死去でSMAP“再結成説”も浮上

【この記事のキーワード】

 そんな中で、もっとも注目されているのが、中居正広の動向だ。かねてより退所組と合流する予定ではないかと囁かれてきた中居だが、「週刊新潮」2019年7月4日(新潮社)では、中居が事務所残留を決めた最大の理由は他ならぬジャニー氏への“恩義”であり、ジャニー氏が亡くなれば中居も独立に向けて動き出す可能性が高い、と伝えている。

 中居が“決断”すれば、必然的に木村の去就にも注目が集まる。SMAPの解散前には、5人揃って独立することも話し合われていたというが……。

解散後もジャニーズに受け継がれるSMAPの功績

 おりしも、ジャニー氏が亡くなる3日前――7月6日に生放送された大型音楽番組『THE MUSIC DAY 2019 ~時代~』(日本テレビ系)では、ジャニーズの面々が大集結し、グループや世代を超えたメンバー同士でコラボした「ジャニーズシャッフルデビュー曲メドレー」を披露した。

 そこでは、KinKi Kidsの「硝子の少年」や嵐の「A・RA・SHI」、さらにKing&Princeの「シンデレラガール」に並び、1992年に発売されたSMAPのデビュー曲「Can’t Stop!!-LOVING-」もしっかりとラインナップ。二宮和也、錦戸亮、亀梨和也、薮宏太、千賀健永が歌唱し、SMAPの曲や功績は後輩たちにしっかりと受け継がれていることを実感させるステージングだった。きっと、病床のジャニー氏も満足するショーだったに違いない。

 人気番組での衝撃的な“公開謝罪”で日本中を揺るがせたSMAPの解散騒動から、はや3年。ジャニーズを牽引し、“帝国”と呼ばれるまで成長させたジャニー氏も、この世を旅立った。これをひとつの節目として、SMAPが再び動き出す可能性は、あるのだろうか。

1 2 3

「SMAP完全解禁か ジャニー喜多川氏死去でSMAP“再結成説”も浮上」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。