老後のお金がとにかく不安な人は、3つの“わからない”をこう解消する!

【この記事のキーワード】

いくら年金をもらえるのか、調べればわかる

 次に収入です。自分が特に何もしなくても老後に入ってくるお金は、公的年金、それにサラリーマンであれば、退職金や企業年金等もあります。(無い場合もありますが)まずはこれらの金額を知ることが必要です。

 私はいつも講演会で老後生活のお話をする時に、参加者のみなさんにこう尋ねます。

 「老後のお金が不安だという方は手を上げてみてください」

 するとほとんど全員の方が手を挙げます。ではどうして不安なのかを聞いてみると、多くは「年金が少ないと思うから不安」という答えが返ってきます。

 そこで今度は「なるほど、ではあなたは自分の年金がどれぐらいもらえるかをご存知なのですよね?」と聞いてみると、ほとんどの人は「いいえ、知りません」と答えます。

 これは論理的に考えると変です。年金がいくらもらえるか知っていてその金額が少ないから不安だというのであればわかりますが、金額も知らないのに不安だというのは、どこかおかしいですよね。やはり “わからない”からこそ、不安を引き起こしているということなのでしょう。

 公的年金は「ねんきん定期便」を見ればわかりますし、退職金や企業年金は会社に聞けばわかることですから、こうした老後に自動的に入ってくるお金を把握しておくことも極めて重要です。

 先にお話した「出ていくお金」をしっかりと把握することに加え、「入ってくるお金」を知っておくことで、ようやく足らないお金、どれぐらい足らないかがわかってきます。そうすれば、それを目標にこれから貯めていけばいいわけですから、相当部分、不安は解消されるはずです。

 わからないことをわかるようにする。少なくともこの努力はまずやってみるべきではないでしょうか。

1 2

「老後のお金がとにかく不安な人は、3つの“わからない”をこう解消する!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。