社会

NGT48暴行事件の犯人出廷で「メンバー関与の有無」は明らかになるのか

【この記事のキーワード】
【完成】NGT48暴行事件の犯人出廷で「メンバー関与の有無」は明らかになるのかの画像1

NGT48劇場(撮影:編集部)

 NGT48を運営する株式会社AKSが、元メンバー・山口真帆への暴行容疑で逮捕(不起訴処分)された男性ファン二人に対して、3000万円の賠償金を請求している裁判。その第1回口頭弁論が今月10日に新潟地裁で開かれた。訴えられた2人は請求の破棄を求め、争う姿勢を示したという。

 AKSの訴状などによると、男性ファン二人は暴行事件直後、山口真帆らに対して事件には「メンバーが関与している」と説明。しかし、実際にはメンバーは関与しておらず、その証言によってグループ内の信頼関係が損なわれたうえ、ネット上ではメンバーへの誹謗中傷が起こり、劇場公演を中止せざるを得なくなった。そのほか、広告の打ち切り、警備対策費用、事件によって発足した第三者委員会への報酬が発生。その総額は1億円を超えるといい、3000万円の賠償を二人に求めている。

 第一回口頭弁論に被告側の姿はなかったものの、事前に被告側が提出した答弁書には、請求の破棄を求める旨が記載されていたようだ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。