エンタメ

深田恭子の毒舌・辛口コメントが急加速、キスマイが「結構キライ!」

【この記事のキーワード】
深田恭子の毒舌・辛口コメントが急加速、キスマイが「結構キライ!」の画像1

深田恭子Instagramより

 深田恭子主演の新ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)が11日木曜夜10時にスタートする。『ルパンの娘』は、泥棒一族の娘役を演じる深田恭子が、刑事役の瀬戸康史と許されざる恋に落ちるというラブコメディー。深田はこのところ、ドラマの番宣でバラエティ番組への出演が相次いでおり、そこで見せる“毒舌っぷり”に注目が集まっている。

 3日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に出演した深田恭子は、「すぐ笑っちゃう」という悩みを告白。撮影現場でも、瀬戸康史が静かな場面や怒られているときの雰囲気がなぜか面白くて笑ってしまうため、「(瀬戸を)なるべく見ないようにしています」と明かした。

 深田恭子は瀬戸とのキスシーンでも笑いが止まらなかったそうで、深田は「キスシーンで笑ってしまったのは初めて。なんか笑っちゃうんですよ、(瀬戸は)目で笑いを誘う」と語った。瀬戸は隣で苦笑しつつも、心外そうな表情を隠し切れないのだった。

 これ以上に物議を醸したのが、1日放送の『キスマイ 超BUSAIKU!? スゴ技隠し芸を超豪華女優にお披露目SP』(フジテレビ系)での発言だ。Kis-My-Ft2のメンバーが時間と労力をかけて“スゴ技”を体得し、自ら主演・演出したドラマパートと合わせて披露した、「スゴ技隠し芸対決」コーナーでのこと。深田恭子はスタジオゲストのフジテレビ夏ドラマの女優陣として山口智子や志田未来らとともに参加し、“胸キュン”度を採点して、ランキングを決めた。

 このコーナーで二階堂高嗣は身体を張ったカーアクションにチャレンジした。片輪走行や爆発ゾーン、スピン駐車などを次々とクリアした二階堂は、アグレッシブなハンドルさばきで見事に追っ手を撒き、謎の悪役に連れ去られた(という設定の)彼女の救出に成功。さながらアクション映画を観ているかのようで、女優陣10人中8人が10点をつける高評価をマークしていた。

 しかし深田恭子だけはたったの「5点」という超辛口評価。これを突っ込まれると、深田は「本人がどれだけ頑張ってても、(カメラが)“引き”になると、誰だか分からないですよね」と言い放ち苦笑い。深田の強烈なひと言によって必死の演技も形なしになった二階堂は、「初共演だけど、結構キライ!」と深田に反発したのだった。

 業界関係者はメキメキと腕を上げている深田の“バラエティ能力”を高く評価している、とも聞くが……キスマイファンからは「失礼すぎる」と憤慨の声も上がっていた。果たして深田恭子は、おっとり癒し系のキャラづけに飽き、毒舌キャラとしての才能を開花させつつあるのだろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。