エンタメ

増田貴久は「NEWS解散説」もどこ吹く風!? ドラマ現場でも愛されまくり

【この記事のキーワード】
増田貴久は「NEWS解散説」もどこ吹く風!? ドラマ現場でも愛されまくりの画像1

増田貴久

 ジャニー喜多川社長が亡くなり、ジャニーズ事務所のタレントたちはその死を悼み、感謝の言葉を述べている。今はまだ遺されたものたちが心を整理し、喪に服す時期であるが、ジャニー氏の闘病中から「ジャニーズ帝国の崩壊」、すなわち所属タレントの大量流出を予想する声は出ている。

 ジャニー氏と公私共にとりわけ親しかったKinki Kidsや、SMAP解散後も事務所に残った中居正広、Kis-My-Ft2をはじめ、移籍や独立の噂が聞こえてくるが、NEWSに至っては昨年のゴタゴタでかねてより解散説がファンの肝を冷やしていた。

手越祐也が脱退示唆? NEWS解散説

 その発端となったのは、手越祐也がハマっているというあるオンラインゲームだ。手越は、かねてよりネット上で対戦型ゲームができる「eスポーツ」のDgG(Pro E-Sports Team Digital Gate Gaming)というグループに所属していたようで、スマートフォン版バトルロイヤルゲーム「荒野行動」には手越と思われるユーザーが度々登場しては、NEWSの内情や自身の進退を暴露しており、ユーザーの間では噂になっていたようだ。これがネットで拡散されると、NEWSファンの間でも、ボイスチャットの声が手越に似ていることから、本人であるとの認識が広がっていた。

 そして昨年12月、DgGの代表がTwitterで<質問多いから答えるけどDvSTegoはDgGに所属し、クランタグを変えましてDgGTegoになりました!本物の手越か?って質問も多いので答えますが本物です!>と明言。タレントの肖像権など権利関係に非常に厳しいジャニーズ事務所が、これに許可を与えたとは思いづらく、ファンはざわついた。

 さらに今年1月、DgGTegoが他ユーザーからの<(NEWSを)辞めたくないのに辞めざるをえないって解釈でいい?>という質問に対して<正解>と返答したり、<もう二度と会えないかもって思って行く東京ドームが辛い>というコメントに<ごめんなさい>と返したり……というトーク画面のスクリーンショットがネット上に流出。このコメントが手越本人の言葉であると断定はできないが、これを機にDgGTego=手越がNEWS脱退、ひいては「NEWSも解散するのでは」と不穏な噂が加速していた。そもそもNEWSは昨年、小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也の3人に未成年飲酒スキャンダルが相次いだという背景がある。

ノースキャンダルの増田貴久は「NEWSの良心」

 しかしジャニーズ側から手越のeスポーツチーム所属に関するアナウンスもなく、もちろん解散動向などについても公式見解はない。彼らは変わらずNEWSとして活動し、6月12日に両A面の25thシングル「トップガン/Love Story」を発売。オリコンCDシングルランキング初登場1位を獲得している。

 また、スキャンダル連発だった昨年、ただひとりノースキャンダルであった増田貴久が、活動を自粛した小山の代役として奔走。「NEWSの良心」「クリーンなメンバー」と注目を浴び、活躍の場を広げている。

 増田貴久は7月13日22時に放送スタートする新ドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)に出演。主演の唐沢寿明を“兄貴”と慕う若手刑事役を演じるが、撮影現場でも「愛されキャラ」のムードメーカーとして大活躍しているようだ。

 7月4日に33歳の誕生日を迎えた増田だが、同ドラマの公式Instagramでは、増田が撮影現場でケーキを供され、唐沢寿明やスタッフ一同から誕生日をサプライズで祝福されたことが報告されている。

 また6月に行われた製作発表会見では、共演者の木村祐一から「増田くんは、もともとアイドル性を排除してるタイプなんでね。ワタナベエンターテイメントの中でも……」と話を振られ、増田が「僕、ガッチガチのジャニーズなんですけど」とツッコむシーンが笑いを誘った。さらにYOUからは「ジャニーズっぽい」全力のリアクションを求められてスベッてみせたりと、増田のムードメーカーぶりがいかんなく発揮されていた。ドラマの現場でも、共演者たちにイジられながら撮影を行う増田の姿が目に浮かぶ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。