エンタメ

ジャニーズ圧力問題、国分太一の『ビビット』だけ完全スルーで忖度証明

【この記事のキーワード】
ジャニーズ圧力問題、国分太一の『ビビット』だけ完全スルーで忖度証明の画像1

『ビビット』公式サイトより

 公正取引委員会がジャニーズ事務所に口頭注意を行っていたことが、17日にわかった。元SMAPのメンバーでジャニーズ事務所から独立した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾をテレビ番組に出演させないよう、民放テレビ局などに圧力をかけていた疑いから、独占禁止法違反のおそれがあるとして調査されたものだ。

 SMAPは2016年末をもって解散。稲垣、草なぎ、香取の3人は2017年9月、SMAPのマネージャーを務めていた飯島三智氏が代表を務めるCULENに移籍している。

 彼らは「新しい地図」を始動させ、インターネット番組、映画、舞台、CMなどで幅広く活躍しているが、テレビ露出は激減。民放テレビ局で持っていたレギュラー番組は今年3月までにすべて終了した。香取慎吾が今年2月、萩本欽一とともに17年も司会を続けてきた『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ系)に登場したが、このときは大いに話題になったものだ。これは萩本欽一のバックアップが大きかったと見られる。

 公取委の調査の結果、ジャニーズ事務所に独禁法違反の事実は認められず行政処分は見送ったものの、違反につながる可能性があったと判断し、口頭注意に至ったという。

 NHKや新聞各社がこのニュースを伝えたのは17日夜。Yahoo!ニュースでもすぐさま大々的に取り上げられたが、この報道を“当事者”である民放テレビ局は、どう伝えたか。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。