エンタメ

宮迫博之、吉本興業社長の隠蔽指示・脅しを暴露 吉本側の会見も不可避

【この記事のキーワード】

宮迫博之と田村亮

 雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮が20日、都内で開いた謝罪会見にて、反社会的勢力から金銭を受け取った問題について謝罪と経緯を説明した。二人は最初に虚偽の説明をしたことを謝罪したうえで、吉本興業側から「会見はさせない」と言い渡され不信感を抱いたことを告白している。

 宮迫と田村は6月8日時点で、それぞれ100万円と50万円を受け取っていたことを吉本側に告白し、会見を開いて事情説明をしたいと嘆願。しかし吉本側に却下され「静観」を指示されたという。

 また、この闇営業問題に関係している芸人たちの無期限謹慎を吉本興業が発表したのは6月24日だが、同日、吉本興業の岡本昭彦社長は、関係した芸人たちに対し「お前ら、テープ回してないやろな」「一人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員クビにするからな。おれにはお前ら全員クビにする力がある」と凄んだという。

 宮迫と田村は何度も「引退しても会見をさせてくれ」と頼んだそうだが認められず、田村は「嘘をついたことを謝りたいのに、それを止められる」という事実から、吉本側への不信感が募ったと明かした。

 そのため宮迫と田村は、個人で弁護士を依頼。すると吉本側は「ファミリーなのに、なぜだ」と憤慨したという。田村は「ファミリーなら、(会社は親で)自分は子供。親なら、子供が嘘をついたことを謝りたいと言っている時に、背中を押してほしかった」と号泣した。

 彼らの一連の訴えが事実だとすれば、吉本興業上層部も記者会見を開き、ことの経緯を説明すべきだろう。この二人と入江慎也をクビにして風化を待つ、といった不誠実な態度は到底、認められるものではない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。