エンタメ

京アニ放火殺人事件の犯人擁護するYoutube動画、レペゼン地球の虚偽セクハラ…モラル無視の“炎上商法”YouTuberたち

【この記事のキーワード】
【完成】京都アニ放火殺人事件の犯人擁護するYoutube動画、レペゼン地球の虚偽セクハラ…モラル無視の炎上商法YouTuberたちの画像1

レペゼン地球Twitterより

 18日に発生した京都アニメーション放火殺人事件の犯人を、「悪くない」などと擁護するYouTube動画を投稿した男性YouTuber「遠藤チャンネル」が批判を浴びている。この男性は18日に「京都アニメーションを燃やした男は悪くない!」というタイトルの動画を投稿した。

 動画では事件の概要を解説した後、<京都アニメーションを放火した犯人について思うことは……男は悪くないっすね>と断言。犯人が警察に取り押さえられた際「パクリやがって」と叫んでいたという報道から、<彼はアニメをつくる仕事をしていた>と憶測を広げ、“悪くない”理由を語った。なお、事件当日の段階では、犯人像や動機に関す警察からの発表はされていない。

<彼がつくったアニメをパクったわけですよ、京都アニメーションが>

<彼は命をかけてアニメをつくっていた。言わば命よりも作品が大切>

<それをパクられたというのは彼を殺したのと同じこと>

<だから、彼は殺されかけたから殺した。これは正当防衛ですよね>

 この「遠藤チャンネル」では、悲惨な事件や世間を騒がせたニュースが報道されるたびに、事件の背景や犯人の動機を勝手に妄想し、「加害者は悪くない」と擁護する動画を投稿している。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。