京アニ放火殺人事件の犯人擁護するYoutube動画、レペゼン地球の虚偽セクハラ…モラル無視の“炎上商法”YouTuberたち

【この記事のキーワード】

レペゼン地球はハラスメントを利用した“炎上商法”

 炎上商法で現在物議を醸しているYouTuberは他にもいる。レペゼン地球のDJ社長だ。

 DJ社長はパワハラ・セクハラ騒動を自演・自作し炎上さて、プロモーションに利用したが、騒動の経緯は以下の通りだ。

 まず今月17日、DJ社長の事務所に所属するタレント・ジャスミンゆまが「DJ社長からパワハラやセクハラを受けている」と自身のTwitterで告発。二人が会話をするLINEのスクショ画面も投稿されたが、そこにはDJ社長がジャスミンをホテルに誘い、彼女が断ると「社長の言うこと聞けねーのか!!」「お前はクビだーー」と、パワハラをするものであった。

 ジャスミンのTwitterには彼女を心配するリプライや、逆に「自己防衛がなっていない」として彼女を責める声なども集まり、炎上状態に。翌日、DJ社長は坊主ヘアにし「ジャスミンの言っていることは全て事実」と認め、謝罪する動画を投稿した。

 しかし20日になると、今回のセクハラ・パワハラ騒動はでっち上げた“炎上商法”であることを暴露する、MV風の動画を公開。坊主ヘアはカツラであり、動画の中ではDJ社長のハラスメントを非難した人々に対して「ねぇ、どんな気持ち?」などと煽る場面もあった。

 注目を集めるためだけに“ハラスメント被害”を演出したことは、実在のハラスメント被害を矮小化してしまう可能性があり、非難が集中。動画に出演していたロックバンド・マキシマムザホルモンも大いに批判されることとなった。レペゼン地球は謝罪の後、動画を削除したが、謝罪はあくまでも「マキシマムザホルモンを巻き込んでしまったこと」についてであり、この炎上商法に対する反省ではないようだ。

 レペゼン地球のファンからは「さすがレペゼン地球」「このくらいで批判している人間はめんどくせー」「レペゼン地球は炎上が仕事」といった肯定的な声も少なくない。彼らを支持する人達がいる限り、モラルを無視した“炎上商法”はなくならないのかもしれない。

1 2 3

「京アニ放火殺人事件の犯人擁護するYoutube動画、レペゼン地球の虚偽セクハラ…モラル無視の“炎上商法”YouTuberたち」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。