社会

ひきこもりを強引に連れ出す「引き出し屋」は“支援”とは呼べない。ひきこもり支援の課題とは

【この記事のキーワード】
【完成】ひきこもりを強引に連れ出す「引き出し屋」は支援とは呼べない。ひきこもり支援の課題とはの画像1

「Getty Images」より

 「ひきこもり」を無理やり家から引っ張り出す「引き出し屋」。藁にもすがる思いで依頼してしまう家族も少なくないが、トラブルも相次いでいる。特定非営利活動法人KHJ全国ひきこもり家族連合会は今年6月、悪質業者の実態把握に乗り出すと発表。プロジェクトチームを発足し、当事者団体と共に方規則を含めた対応を行政等に促すという。

 そこで今回は、「引き出し屋」の問題点、そしてひきこもり支援の課題について、KHJでソーシャルワーカーとして働く、深谷守貞氏にお話を伺った。

<前編「ひきこもりの子どもとどう向き合えばよいのか」はこちら

【完成】ひきこもりを強引に連れ出す「引き出し屋」は支援とは呼べない。ひきこもり支援の課題とはの画像2

深谷守貞/ 特定非営利活動法人「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」本部・ソーシャルワーカー(社会福祉士)
大学卒業後、福祉系団体で福祉事業に従事。30代前半で希少難病に侵されるが、その当時は病因が掴めず精神疾患と誤診される。誤った診断・服薬等が高じて事業に従事できなくなり福祉系団体を退職。向精神薬の過剰投与により幻聴・幻覚が生じて外出ができなくなり、2年以上ひきこもる。KHJ家族会運営の「居場所」参加をきっかけに社会復帰・社会参加に至り、現在ソーシャルワーク業務等に携わる

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。