松本人志は吉本興業岡本社長・大崎会長とべったり「絆がすごく強い」

【この記事のキーワード】

 芸人への高圧的な態度について「家族だから。親が叱るようなもの」と釈明し、「クビにする」発言は“冗談のつもりだった”。台本を読むだけの謝罪と「松本人志や明石家さんまに助言された」くだりの号泣。しどろもどろの質疑応答。問題の本質を「芸人とのコミュニケーション不足」と言い訳するなど、大企業のトップとは思えない姿を見せた。「芸人ファースト」とは一体何なのだろうか。

 この社長会見に失望の声を上げる吉本芸人は非常に多いが、松本人志はそうではなかった。松本人志は23日、次のようにツイート。

<寝不足芸人がいっぱいやろな~

でもプロ根性で乗り越えましょう。

私達は生まれつきオモロイ。>

 社長はじめ吉本上層部のふがいなさに呆れ、憤る加藤浩次らをはじめとした芸人たちと、松本との温度差は、あまりに大きいのではないか。

 それを端的に示したのが、友近だ。彼女も吉本興業所属の芸人である。

 友近は23日、『ゴゴスマ~GOGO!Smile!』(TBS系)に生出演し、松本の立場に言及。

「松本さんはテレビでもおっしゃってましたけど、今の大崎(会長)、岡本(社長)体制で会社をみんなでやっていこうって考えを持っていらっしゃる方で、お二人との絆がすごく強いと思うので、吉本興業の中でみんな前向きに頑張っていこうって思いをつづられたと思うんですね」

「(しかし松本以外は)芸人と社長との信頼関係というのが成り立ってない。あの会見を見て余計に不信感を抱いてしまったので、(自分は)まだこの気持ちにはならない」

 松本はあの社長会見を見たうえでこのツイートをしているはずだとして、「ちょっと松本さん待ってくださいって思ってしまいますね」と、友近は嘆いた。

 同じく吉本所属のタカアンドトシのタカは、23日、「ファミリーと思ったことはない」とInstagramに投稿している(すでに削除)。

<ファミリーって言葉を簡単に使うよなぁ。意味わかってんのかなぁ>

<5990人の芸人はファミリーと感じたことないと思うけどなぁ>

 これが岡本社長が記者会見で「家族、ファミリーだと思っている」と繰り返したことを受けていることは明らか。社長と同じく「ファミリー」だと感じている芸人も、タカの見立てでは10人程度はいることになるが、松本はおそらくそちら側なのだろう。

1 2 3

「松本人志は吉本興業岡本社長・大崎会長とべったり「絆がすごく強い」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。