社会

高齢者事故の予防策に「自動車の後付け急発進防止装置」9割補助 必要な手続きは?

【この記事のキーワード】
【画像お願いします】高齢者事故の予防策に「自動車の後付け急発進防止装置」9割補助 必要な手続きは?の画像1

「Getty Images」より

 東京都の小池百合子知事は、自動車の後付け急発進防止装置の設置にかかる費用を東京都が9割負担すると発表した。

 これは、高齢者ドライバーによるアクセルおよびブレーキの踏み間違い事故対策で、正式名称を「東京都高齢者安全運転支援装置設置補助制度」と言う。対象は都内在住で運転免許証を持つ令和元年に70歳以上となる人で、装置を設置しようとする車が自家用車であるなどの要件があり、実施機関は7月31日から2020年の8月31日となる。

設置にいたるまでの手続き

 急発進防止装置の設置を希望する人は、7月31日以降にまず取り扱い業者へ相談に行く。その際、自分の車が急発進防止装置を後付けできるタイプか確認し、取り付け可能な車種であれば、在庫状況などから設置日の予約をする。そして、申込書と必要書類を提出し、設置日に機器の使用説明を受け、1割の負担額を支払う仕組みだ。予約日と設置日には、本人が店舗に出向く必要がある。

 補助限度額は1台につき10万円で、自己負担額は4000円から1万円程度になる見込みだ。

トヨタ車とダイハツ車の対象車種は各ディーラーで

 トヨタでは、後付けの「踏み間違い加速抑制システム」をディーラーで取り付けできる。2019年7月現在、対象車種は8車種で、今年度内には対象車種が12車種になる予定だ。対象車種については、こちらで確認できる。

 「踏み間違い加速抑制システム」は、車の前後のバンパー部分に、2つずつ超音波センサーを設置する。このセンサーが発進しようとする方向の約3メートル以内にある壁を察知すると、車内に取り付けた表示機がブザーとランプで警告してくれるシステムだ。超音波センサーは、コンビニの壁面などのガラスもとらえることができる。間違ってさらにアクセルを踏み込んでしまった際、加速を抑制する機能もついている。価格は5万5080円(税込・2019年7月現在)で、別途取り付け費用がかかる。

 ダイハツでは、後付けのペダル踏み間違い時加速抑制装置「つくつく防止」をディーラーで取り付けできる。2019年7月現在、適用車種は6車種で、対象車種についてはこちらで確認できる。

 「つくつく防止」は、車体の前方と後方に計4カ所のソナーを設置する。このソナーが前方と後方の約3メートル以内に障害物があると検知すると、アクセルを強く踏み込んでも燃料がカットされ、急発進を抑制する仕組みになっている。価格は3万4560円(税込・2019年7月現在)で、別途取り付け費用がかかる。

 トヨタの「踏み間違い加速抑制システム」とダイハツの「つくつく防止」の取り扱い事業者は、トヨタ西東京カローラ、トヨタモビリティ東京、ネットトヨタ多摩、ネッツトヨタ東都、ダイハツ東京販売で、店舗の一覧は、東京都都民安全推進本部のWebページで確認できる。

非対象車種や他メーカーの車の対応

 トヨタやダイハツの対象車種以外や、他のメーカーの車に対応する急発進防止装置もある。

 オートバックスセブンでは、急発進防止装置として「ペダルの見張り番」を販売している。取り付けもオートバックスセブンで行う。トヨタ、日産、ホンダ、ダイハツ、スバル、マツダ、三菱、スズキなどの車に対応していて、対象車種は幅広い。対象車種はこちらで確認できる。

 イエローハットでは、急発進防止装置として、サン自動車工業の「S-Drive誤発進防止システム」を取り扱っている。対象車種の適合表は、こちらで確認できる。

 急発進防止装置の取り扱い事業者であるオートバックスセブンとイエローハットの店舗一覧は、東京都都民安全推進本部のWebページで確認できる。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。