過剰に禁止されるか、性の対象にされる障がい者のセクシュアリティ 必要な性教育とは

【この記事のキーワード】

NOと言える人間になるための、心地よいハグとは

「子どもが性被害を“不快”なこととして拒否できるようになるためには、まず“快”を知らなければ判断できません」

 児嶋氏は、長年の研究から「性を心地よいもの」として伝えることの重要性を解く。

「そのためにもお子さんが求める限り、ハグなどをして甘えさせてあげてください。好きな人とのハグは“快”、信頼できない人とのハグは“不快”だとわかるようになります。よく、知的障がい児の親御さんからは『もういい年なのに幼児みたいに抱っこをしていると成長しないのでは』と心配の声があがりますが、それは逆です。心の距離が近くなれば、身体は勝手に離れていきます。肉体的接触がなくても大丈夫だという安心感を得るからです」

 一方、未成年に手を出した酒田のような欲望も、「性の権利」として認めるべきかといえば、それは違う。

「権利をそのまま行使すべきでないときもあります。たとえば、一夫多妻制と一夫一妻制の国で不倫の扱いが違うように、欲望の中には、その国や時代の道徳として受け入れられないものもあります。今自分がいる環境の中で、その性をどう扱うかは、考えなくてはなりません。また、充分な性教育を受けていれば、『自分の性』の尊重は、『相手の性』の尊重にも繋がることもわかります。すなわち、相手の権利を侵害するような加害者も減っていくのではないでしょうか」

<つづく>

<翼さんのインタビュー第一〜二回はこちらから読めます>

戸籍を改名して虐待の記憶から逃れた。11の自宅と、母の恋人

 「あいつは使える」「こいつは使えない」――。 こんな言葉が使われはじめたのは、いつだったか。自分以外の人間を“優劣”で振り分けようとするエゴが、組…

過剰に禁止されるか、性の対象にされる障がい者のセクシュアリティ 必要な性教育とはの画像1
過剰に禁止されるか、性の対象にされる障がい者のセクシュアリティ 必要な性教育とはの画像2 ウェジー 2019.07.31

ろう学校で受けた暴力と暴言、そして性被害

 ろう学校に通うMさん(現在は戸籍の名を「翼」に改名)は、寄宿舎を含めた11カ所の「家」で、父と離婚した母、母の恋人のそれぞれの自宅を行ったり来たりする…

過剰に禁止されるか、性の対象にされる障がい者のセクシュアリティ 必要な性教育とはの画像1
過剰に禁止されるか、性の対象にされる障がい者のセクシュアリティ 必要な性教育とはの画像2 ウェジー 2019.08.01

1 2 3

「過剰に禁止されるか、性の対象にされる障がい者のセクシュアリティ 必要な性教育とは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。