エンタメ

Snow Manのドラマ・バラエティへの露出が急増 ファン層を広げるジャニーズJr.たち

【この記事のキーワード】

「なにわ男子」西畑大吾は朝ドラにも2回出演

 一方、次期ジャニーズ事務所の次期社長と囁かれる藤島ジュリー景子氏の管轄、関西ジャニーズJr.もアツい。

 関西ジャニーズJr.の中でもっとも人気を誇るのは「なにわ男子」。なにわ男子は西畑大吾、大西流星、長尾謙杜、大橋和也、藤原丈一郎、高橋恭平、道枝駿佑の7人組だ。

 結成されたのは2018年とグループの歴史は短いものの、個々のスキルは既に高い。中でも西畑大吾と道枝駿佑は、役者としてドラマや映画への出演経験が複数回ある。たとえば西畑は、『ごちそうさん』と『あさが来た』で、NHK連続テレビ小説に2回出演している。そのほか、昨年は『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)、2020年には木村拓哉主演の特別ドラマ『教場』(フジテレビ系)で警察学校の生徒役を務めることが発表されている。

 また道枝と言えば、沢尻エリカが母親を演じ話題になったドラマ『母になる』(日本テレビ系)の息子役の印象が強いだろう。今年4月から放送された『俺のスカート、どこ行った』(日本テレビ系)では、長尾と共に生徒役で出演を果たした。

 ジャニーズjr.の単独コンサート『ジャニーズJr.8・8祭り~東京ドームから始まる~』の一般発売が今月20日に開始したが、即日ソールドアウトだったようで、ジャニーズファンの熱量はすでに高まりきっていることがわかる。テレビ番組への積極的な露出により、今後はお茶の間からの支持も獲得していくことになりそうだ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。