エンタメ

レペゼン地球「炎上パワハラ」からヒートアップ、ジャスミンゆま<嘘ついたからいくら叩いてもいい女>として再びネタ化

【この記事のキーワード】
【完成】レペゼン地球「炎上パワハラ」からヒートアップ、ジャスミンまゆ<嘘ついたからいくら叩いてもいい女>として再びネタ化の画像1

ジャスミンTwitterより

 レペゼン地球のDJ社長と共にパワハラ・セクハラ騒動を自作自演し、炎上したタレントのジャスミンゆま。今度はYouTuber「よりひと」の「ジャスミンの目の前で意見を言ってみた」というタイトルの動画に出演し、物議を醸している。

 DJ社長とジャスミンのハラスメント騒動が起きたのは、今月17日。ジャスミンが所属事務所の社長であるDJ社長から「パワハラやセクハラを受けている」と自身のTwitterで告発した。二人が会話をするLINEのスクショ画面も投稿され、翌日、DJ社長はハラスメントを事実と認め、謝罪する動画を投稿。しかし20日になると、今回のハラスメント騒動は自演自作の“炎上商法”であると暴露したのだ。同時にMV風の動画を公開し、DJ社長を非難した人々に向けて「ねぇ、どんな気持ち?」などとあざ笑う場面もあった。

 ハラスメント被害を“ネタ”にしたことは、実在のハラスメント被害を矮小化してしまう可能性があり、非難が集中。ジャスミンとレペゼン地球は謝罪文を公開したが、レペゼン地球のその謝罪はMVに出演したロックバンド・マキシマムザホルモンに対して「巻き込んでしまいすみません」というものであり、虚偽のハラスメント告発で炎上を狙ったやり方についてではなかった。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。