「死にたい子供」の自殺を防ぐために私たちができること 「自己肯定感」と「本当の多様性」とは

【この記事のキーワード】

自己肯定感は「他者を認めること」で高められる

 子供の自殺を抑制する・子供の自己肯定感を育むために、どのような取り組みが必要だと考えられるか。

明橋氏「まず、本当の意味で価値観が多様化することが必要だと思います。これまでは一条校(幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校・大学・高等専門学校)しか学校がありませんでした。そこには勉強ができる人間が偉いという“学力至上主義”的な考え方が蔓延していて、『勉強ができない人間はダメ』という価値観を植え付けられてしまいます。

しかし世界的に見ると“学力”というものは日本の受験で評価される暗記力とイコールではなく、自分で新しいものを生み出す創造力やコミュニケーション能力などを評価する流れができています。

フリースクールを始めとした様々な学びを提供できる学校を増やすことを私は提案します。子供の価値観が多様化し、いろんな個性や才能を持った子供が『自分には良いところがあるんだ!』『自分の人生を悲観する必要はないんだ!』と思うことができるようになれば、と思うのです」

 実際、文部科学省は多様な学びを提供できる学校を普及させようと取り組んでいる。一方で、教育委員会は考え方が凝り固まっているため協力的ではないと、明橋氏は歯がゆい現状を語った。

 では、地域でできる取り組みはないのだろうか。

明橋氏「今、親が非常に疲弊しています。そのしわ寄せが子供に来ているので、まずは親を支える地域の繋がりを整備することが大切です。例えば、『親の会』のような、子供のいる親がコミュニケーションを取れる場が広まると良いのではないでしょうか。近隣住民がお互いに不信感を抱いていて、とても心地良くコミュニケーションができる関係になれないような状況を改善し、日常生活の中で“井戸端会議”のように地域でコミュニケーションをする場が設けられれば」

 明橋氏は「人間が幸せになるためには自己肯定感を高めるしかない、これに尽きるんですよ」と語気を強める。

明橋氏「様々な事情を抱えている子供であっても、『自分は生きていて良い人間なんだ』と思える社会にしなければいけない。そのためには、まず大人が自己肯定感を身に着けなければいけないです」

 私たち「大人」が自己肯定感を高めるのに効果的な行動があるとしたら、それは「相手を否定するのではなく、褒めるようにすること」だ。

明橋氏「相手を批判すると自分も批判され、お互い自己肯定感が下がってしまう。ですが、相手を承認すればそれは自分にも返ってくる。自力で自己肯定感を高めようとするのではなく、周囲にいる人の良いところを見つけてあげてください」

1 2

あなたにオススメ

「「死にたい子供」の自殺を防ぐために私たちができること 「自己肯定感」と「本当の多様性」とは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。