エンタメ

『アメトーーク!』宮迫博之なしで続行決定も、スポンサーは戻るのか

【この記事のキーワード】
『アメトーーク!』宮迫博之なしで続行決定も、スポンサーは戻るのかの画像1

宮迫博之と田村亮

 テレビ朝日は30日、雨上がり決死隊・宮迫博之MCの『アメトーーク!』と、ロンドンブーツ1号2号・田村亮MCの『ロンドンハーツ』を10月以降も継続すると発表した。

 宮迫博之と田村亮は、反社会的勢力への“闇営業”の件で6月24日に謹慎処分を受け、以降は芸能活動をしていない。宮迫博之に至っては、一時は吉本興業との契約を解除されていたが、7月23日の会見で岡本昭彦社長が会見の場でこれを撤回。しかし26日、吉本は<契約解消の撤回についても、再度検討せざるを得ない状況>と発表しており、状況は二転三転としている。

『アメトーーク!』は宮迫博之に代わる芸人を投入か

 混乱のなかでもテレビ朝日は『アメトーーク!』『ロンドンハーツ』は放送を続けているが、それぞれ宮迫博之と田村亮の出演シーンはカットする対応を行っている。

 たとえば今月25日に放送された『アメトーーク!』では、まだ宮迫も収録に参加していたのだろう、相方の蛍原徹の隣で宮迫のものと思われるスーツの袖が見え隠れしていた。

 また、やはりCMの大半はACジャパンが枠を占めていた。ACジャパンは急きょCM枠に空きができた時や、スポンサーがCM差し替えを申し出た時に放送されるものであり、宮迫の闇営業が発覚以降、スポンサー離れの激しい『アメトーーク!』で多用されている。いまだスポンサーは戻っておらず、厳しい状況が続いているようだ。

 しかし、次回予告では蛍原の隣に有吉弘行と陣内智則が座っており、次週はこの三人で番組を回すことが示唆されていた。同番組は宮迫の活躍が大きく、蛍原ひとりになった後は「打ち切られる」との意見もあったが、宮迫の代役を投入して急場をしのぐ予定なのだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。