マツコ・デラックスも新しい地図に圧力をかけていた? 稲垣吾郎に対する共演拒否

【この記事のキーワード】

 こうした冷遇は3人のタレントパワーが急降下し、需要がなくなったために起きた現象ではないだろう。事実、SMAP解散後も、草なぎはアサヒ食品の「1本満足バー」のCMを続投しているし、2017年11月には稲垣と香取はサントリーのノンアルコール飲料「オールフリー」のイメージキャラクターに就任。今年2月にも新CMが放送された。その他にも新しい地図メンバーのCM出演は多いし、国際パラリンピック委員会特別親善大使としての活動、また、ネット配信番組や舞台などでも変わらぬ活躍を続けていることは周知の通りだ。

 各業界では変わらず高い需要を誇る3人だが、なぜ地上波テレビの世界“だけ”から消えて――否、消されてしまったのか。テレビ局がジャニーズ事務所に忖度をするような関係だったことは明白だろう。

 そもそも今回、マツコが行っていたことが明るみとなった「新しい地図のメンバーが出演するならこちらが降板する」というのは、そういった“圧力”“忖度”の典型的なものだ。それをまるで「3人の需要がなくなったから」かのように説明する “ご意見番”マツコ・デラックスに「がっかり」する人は少なくないのではなかろうか。

1 2

「マツコ・デラックスも新しい地図に圧力をかけていた? 稲垣吾郎に対する共演拒否」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。