NGT48中井りかのTwitter暴走、支離滅裂で「伝えたいこと」が一切伝わらず

【この記事のキーワード】

 その後、中井りかは一連の投稿を削除し、<SNSを改めて開始して早速皆様にご心配、ご迷惑をかけてしまったかと思います。でも私の言葉で伝えたいことがいくつもあって、それが溢れ出てしまってなかなかうまく伝わらなかったのもわたしのせいです。ごめんなさい>と謝罪した。SNSを再開した直後の騒動に、ファンからは「全然反省してない」「何も学んでいないようで残念です」との意見が続出している。

 中井りかの言う“敵”が何を示しているのかは不明だ。仮に、暴行事件はもとよりNGT運営側のお粗末な対応やその後の説明不足を非難する声を“敵”とみなしているのなら、世間の認識との乖離は大きいといえる。それとも事件そのものが“敵”の陰謀だとでも言うのだろうか。しかし、中井りかのように「自分たちに非はない、信じてほしい」と主張しながら「言えないことが多い」等と言葉を濁していれば、信用されないのも当然だろう。<私の言葉で伝えたいことがいくつもあ>るのなら、明瞭に伝えるべきだ。支離滅裂な“敵”発言で、彼女の「伝えたいこと」が伝わるわけがない。

 彼女らがアイドル・NGT48として活動することは自由だが、彼女たちのタレント価値を暴落させたのは、暴行事件の訴えによってグループ内部やアイドル運営組織の問題が露見したためだ。その問題自体を運営や彼女らメンバーが認め、改善されたことが明らかになれば、いつか批判も止むのかもしれない。

1 2

「NGT48中井りかのTwitter暴走、支離滅裂で「伝えたいこと」が一切伝わらず」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。