木村拓哉「主演の冠いらない」も、高視聴率を叩き出してきた弊害とは

【この記事のキーワード】

それでも「木村拓哉のドラマ」になってしまう

 しかし一方で、木村拓哉主演の作品の敗因は「すべて木村拓哉にある」とする報道は絶えない。

 たとえば、杉咲花と共演した『無限の住人』は配給元のワーナー・ブラザーズは「興行収入100億円を狙う」と意気込んでいたものの、実際は10億円にも届かなかった。そのため、「木村拓哉の人気低迷が原因」といった見解を示すメディアも多かった。

 木村拓哉は、今年10月からTBS系日曜劇場枠のドラマと、来年正月に放送される特別ドラマ『教場』(フジテレビ系)への主演が決まっているが、どちらに対しても低視聴率だった場合「木村拓哉は俳優失格」などのプレッシャーがかけられてしまう。

 作品の責任を木村に押し付ける報道は、彼が長きにわたって“スター”というイメージを背負い、高視聴率を叩き出してきたことの弊害でもあるだろう。

 けれども、作品はキャストとスタッフを含めた“チーム”でつくるものであり、“主演”に全責任を負わせるものではない。

 木村拓哉は『教場』の撮影に関して「みんなで作り上げている」というコメントを寄せた。チーム一丸となって素晴らしい作品を届けてくれることを期待している。

1 2

「木村拓哉「主演の冠いらない」も、高視聴率を叩き出してきた弊害とは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。