社会

『ドラクエ』映画のステマ疑惑も…Twitterで同じ投稿をする複数の女性アカウント

【この記事のキーワード】
『ドラクエ』映画のステマ疑惑も…Twitterで同じ投稿をする複数の女性アカウントの画像1

Twitterで同じ内容をツイートしている複数の謎アカウント

 8月2日に封切られた映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。多くのユーザーに愛されるゲームシリーズ「ドラゴンクエスト」が原作とあって話題性は高く、声をあてた役者たちの番宣も盛んに繰り広げられた。しかしすでに鑑賞したドラクエファンの間では、映画の結末部分を巡って熱い議論が起こっているようだ。

 Twitter上でも、同作をめぐってある不可解な現象が見られている。下記画像のように、映画『ドラクエ』を鑑賞する旨をまったく同じ文面でツイートするアカウントが、複数出現しているのだ。

『ドラクエ』映画のステマ疑惑も…Twitterで同じ投稿をする複数の女性アカウントの画像2

 ちなみに、<映画の前にお昼ご飯>とツイートしてアップされたラーメン店の画像も、同じものだった。この明らかに不審な“同時多発ツイート”にはネットで注目が集まり、『ドラクエ』映画のステマ(ステルスマーケティング、宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること)ではないかとの指摘もある。

 Twitterでは、<倉敷に映画見に行ってきまーす ドラゴンクエスト ユアストーリー! ドラクエ全然分かんないけど!>をコピペしてわざとツイートしたり、地名や作品名を変えた大喜利ツイートが見られたりと “祭り”の状態だ。

 しかし映画『ドラクエ』PRを目的としたステマとも思えない。なぜなら、これら不審なアカウントの過去ツイートを遡ってみると、『ドラクエ』の件だけでなく、すべてのツイートが同じものであるからだ。

 これら女性アカウントは、4月に会社の仲間が沖縄のパーティに参加し、6月に検査入院している彼氏のお見舞いに訪れ(入院費の7万円を負担)、7月31日には「コメダ珈琲」でパフェを食べている。アップされている画像も文面もすべて同じだ。なんとも不気味である。

『ドラクエ』映画のステマ疑惑も…Twitterで同じ投稿をする複数の女性アカウントの画像3

 これらのアカウントに共通しているのは、いずれも20代前半の“若い女性”を模していて、4月に開設されたばかりのものということ。アカウントに実体はなく、業者が管理しているものと見て間違いない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。