加藤浩次は「チワワ」じゃない! 吉本興業残留宣言も“事実上”の退社か

【この記事のキーワード】

「50歳になったら遊び出す」宣言

 宮迫博之と田村亮が事務所を通さずに記者会見を開いたのは7月20日のことだったが、加藤浩次は騒動前――7月11日放送の『スッキリ』で、自身の今後について言及していたのだ。

 この日、ナインティナインの矢部浩之がVTR出演し、加藤が「50歳になったら遊び出す」と宣言した過去を明かしている。加藤は4月に50歳の誕生日を迎えているため、矢部は「遊んでますか?」と質問。「天の声」山里亮太も「やんちゃな遊びとか?」と問いかけると、加藤は「やんちゃな遊びもタイミングがあればね」と返して笑いを誘っていた。

 加藤浩次はすでに夫人を代表とした個人事務所を設立しており、キングコング西野亮廣やオリエンタルラジオ中田敦彦のように吉本興業を通さない仕事も可能だろう。また2017年からインターネットテレビ局「AbemaTV」にて、冠番組『極楽とんぼKAKERUTV』を放送。同番組の演出は、かつてテレビ朝日系で制作・放送した極楽とんぼの冠番組でディレクターを務めてから親友の間柄にあるマッコイ斉藤だ。

 深刻なニュースも扱う情報バラエティのコメンテーターとして毎朝スーツを着込む生活も、もう13年になるが、もともと彼が志していたポジションとはだいぶ遠いところにいるといえるだろう。その場所を保持したいと加藤自身が望んでいるかどうかは、わからない。

1 2

「加藤浩次は「チワワ」じゃない! 吉本興業残留宣言も“事実上”の退社か」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。