湘南ベルマーレ監督のパワハラ疑惑と広島カープ監督の殴打事件に見る、Jリーグとプロ野球「組織」の違い

【この記事のキーワード】

 高校野球では、指導者が選手に体罰をした場合、数カ月の謹慎処分を下されることが常だ。日本学生野球協会の発表によると、部員の頬を複数回叩いたとして神戸村野工業高等学校の監督に謹慎3カ月の処分が下された。緒方監督は厳重注意を受けただけで、同じ加害行為をした高校野球の監督には3カ月の謹慎。どう考えてもおかしい。

 また、暴力を受けたカープ・野間選手は「監督の言う気持ちも理解できるので不満はないです。この問題は大きくして欲しくない」と話しており、被害者でさえも“内輪揉め”ということで片付けようとしている姿勢が見て取れる。これではまるで、「気の抜けたプレーをしたら殴られても仕方ない」と言っているようなものだ。野間選手はあくまで個人的な見解を述べただけなのかもしれないが、プロ選手が体罰を肯定するような発言はしてほしくなかった。

 しかし現状を打開すべく改善を訴える選手もできていている。横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手は今年初旬に野球体験教室に参加した際、「先日ある少年野球チームを見学したが、指導者による暴言、罵声があった。どうしてこういう問題が起こるのか、みんなで掘り下げて考えていかないといけない」と発言しており、暴力的な指導が横行している少年野球の現場に苦言を呈し、「いきなり大きく変わるのは難しいけれど、みんなが協力して知恵を出し合って少しずつ変わっていくことが必要」と話した。

 筒香選手のようなスター選手が、このような提言をすることの意味は非常に大きい。ただ、1人の選手が声を上げたくらいでは、まだ足りないだろう。日本野球界のトップ組織である日本野球機構の“意識改革”が必須だ。

1 2

「湘南ベルマーレ監督のパワハラ疑惑と広島カープ監督の殴打事件に見る、Jリーグとプロ野球「組織」の違い」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。