エンタメ

美奈子『ザ・ノンフィクション』と『痛快!ビッグダディ』の決定的な違い

【この記事のキーワード】
【画像お願いします><】美奈子『ザ・ノンフィクション』と『痛快!ビッグダディ』の決定的な違いの画像1

美奈子Instagramより

 日曜午後の人気番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)は11日、ビッグダディこと林下清志さんの元妻・美奈子さん(36)の現在の家族に密着した「新・漂流家族2019夏~美奈子と夫と8人の子供~ 前編」を放送。19日には後編が放送される予定だが、前編の内容からすでにネット上では賛否が巻き起こっており、自ずと後編への注目度も上がっている。

 美奈子さんは、2006年から2013年まで不定期で放送された大家族モノバラエティ『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日)に、2011年、彗星の如く登場した。その時点で5人の子供を育てるシングルマザーだったが、“元祖元嫁”との間にもうけた子供たちを育てる清志さんの2人目の妻に。このとき林下家は13人の子供と清志さん、美奈子さんというまさに大家族となった(うち清志さんの子供4人は自立するなどで家を出ている。のち2人の間にひとり子供が産まれ14人に)。

 2013年の離婚後、それぞれの子供をそれぞれが引き取り、ダディ(清志さん)との子供は美奈子さんが育てることになった。ダディと美奈子さんの離婚と同時に、長く続いていた『ビッグダディ』シリーズも完全に終了している。のち、ダディは別の女性と結婚(や離婚)。美奈子さんも2015年5月に元プロレスラー・佐々木義人さんと再婚した。

 「新・漂流家族」は今年2月にも放送されており、この夏は第二弾の放送となる。いわば美奈子さん側に密着した大家族モノであるともいえる映像だ。初婚でいきなり美奈子さんの連れ子・6人の子供たちの父親になった夫・義人さんの奮闘や苦悩、そして美奈子さんの今が垣間見える。

『ビッグダディ』シリーズでの美奈子を振り返る

 かつて『ビッグダディ』を熱心に視聴していたファンらはおそらく、5人の子供とともにダディのもとに嫁いできた美奈子さんの登場で、ますます『ビッグダディ』シリーズから目を離せなくなったことだろう。筆者もそのひとりであった。『ビッグダディ』では林下流・ダディ流と称する、清志さんによる独自の子育て方法が一つの見どころだったが、この“ダディ流”に堂々と噛み付いてくるのが美奈子さんだった。

 いわば美奈子さんとはそれまで築かれていた林下家の不文律を破る存在でもあった。清志さんも引くことなく夫婦は度々言い争い、それが『ビッグダディ』シリーズ終焉までの注目どころの一つとなっていたことは間違いないだろう。

「お前はいっつもそう言う! だから俺も同じ事を言う!」

「いつだって俺はこうだもう、いつだってこうだ!」

 などなど、当時の清志さんの発した台詞は名言集となってビッグダディファンたちの心に深く刻まれている。こうした発言を引き出した美奈子さんにも自ずとやや批判的な意味での注目が集まり、mixiのアカウントが発掘されるなど、よくも悪くもフィーバーした時代もあった。

 離婚後はタレントに転身し、一時期はバラエティ番組にも多く出演していた美奈子さん。だが出演のたびにネット上では批判が目についた。離婚後に出演した番組のひとつでは、新たなパートナーを探すべくお見合いパーティーなどに「週2ペース」で積極的に通っていることを出演時に明かした。加えて相手の職業として「金銭的に安定している」人を挙げ、「図々しい」「身の程知らずにもほどがある」「自分から『金目当てです』って言ってるようなもの」など炎上。さらに、義人さんとの結婚後である2017年に『爆報!フライデー』(TBS系)に出演した際も、番組スタッフに「新ビッグダディ編として、密着してもいいですか?」と尋ねられ「それはいいです。静かに暮らしたい!」と拒否したことで「『静かに暮らしたい』とか言うわりに、のこのことメディアに顔さらして金稼ぎしてるやん!」などと再び批判の声が沸いていた。美奈子さんにはとにかく口汚く罵るアンチが多い。

 また離婚後の2014年、美奈子さんはステップファミリーの支援を行うNPO法人に理事として参画したが、1年経たないうちに離脱していた。当時、ネット上では「美奈子に学ぶこと何もない。逆にシングルのイメージ悪くなるから余計なことしないでほしい!」「無計画に繁殖した結果のシングルマザーと、仕方なく死別、離婚した結果のシングルマザーでは大きな違いがあることをわきまえてほしい」など、これまた手厳しい、というか罵詈雑言が集まっていた。その影響を被ってしまったのだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。