ジャニーズSixTONESのヤンチャで可愛かった少年時代を振り返る!!

【この記事のキーワード】

SixTONESが超やんちゃだった頃

 アツが初めて彼らを取材したのは2012年のドラマ『私立バカレア高校』(日本テレビ系)でのこと。深夜ドラマだったのに好評を博してその後、映画『劇場版  私立バカレア高校』も公開されるほど人気に。まだみんな10代で怖いもんなしだったから現場でも元気いっぱいやんちゃでね。

 ロケ地となった神奈川の校舎は廃校で、夜になると真っ暗になっちゃうんだけど、その暗い校舎の中を6人で繋がって歩いて行っては何かにぶつかって「痛っ、ぎゃー。誰かの手がぁ。足がつった」とか叫びまくっては監督から「静かにしろ、子供じゃないんだから」なんて叱られて。でも十分にお子ちゃまだったから、毎日がお祭り騒ぎで楽しくてね。

 ドラマはおバカな高校生たちが繰り広げる悲喜こもごもありの学園コメディーだったんだけど、まさに学校みたいな感じで、日々ハードな撮影にチャレンジしていたわ。ちなみにこの作品には対立する高校のコワモテ生徒役でSnow Manのひかるくん、さっくん、阿部くん、渡辺くん、ふっか、宮舘くんの6人も出演していて、とんでもなく難度の高い死闘バトルシーンを見せてくれていたの。当時からキレッキレの動きで走るわ飛ぶわ回るわで、共演していた高木雄也くんは「俺にはできねー」と感心しつつ、よく後輩たちに奢っていたっけ。先生役の宮田俊哉くんも「ムリムリ、俺なんてセリフだけで精一杯だもん」って、宮っちらしい自虐ネタで笑わせていて、現場のムードを柔らかくしてくれてたの。

 『バカレア〜』を終えてから単独コンサートをしたり、各々がドラマ出演をしたり、舞台に挑戦したりと、自分たちの手で活躍の場を広げ頑張ってきたSixTONES。ちょっとした苦労人だからか、しっかりと地に足つけて生きているから、最近は浮ついたところがあんまりないのが嬉しいような寂しいような…….。当時のやんちゃっぷりをたっぷり見てきた身としては「あーあ、大人になっちゃって」と感慨深いわぁ。

6人それぞれ8年の成長

 2012年の『バカレア』から、デビュー予定の来年でちょうど8年。みんな本当に、カワイイ少年から大人の男に成長したわよね。

 髙地くんに関しては『スクール革命!』(日本テレビ系)の初回収録から立ち合っていたけど、ガチガチに緊張していてね。今じゃそんな姿、想像もつかないでしょ?  ジェシーと気があってとっても仲がよくて、いつもコソコソ2人で悪巧み!?  をしていて。でも高地くんの声が大きいから結果「秘密の話が筒抜け」になるのが定番。

 ジェシーは「とにかく歌が好き!」で撮影合間もリスペクトする堂本剛くんの歌を歌ったり。タッパもあって見た通りの男前だから事務所の推しも凄くて、一時期ちょっと「もしや天狗になった?」と噂されていた時もあったけど、持ち直した辺りはさすがね。高地くんはじめ周りの人たちのおかげで更正して!?  ホッとしたもん。よかったよかった!

 北斗くんは静岡生まれ。初めは単身上京してきたんだけど、ジャニーズ事務所に入ってから「話し合いの結果、家族もみんな静岡から来てくれた」そうで、最初は「お父さんが仕事を辞めてまで東京に来てくれたんだ。今、職探ししてるんだよ〜(笑)。俺のために家族が長年暮らしてきた土地を離れてまで応援するって言ってくれて。だから何が何でも成功しなくちゃいけないんだ」って、ロケの合間の雑談で言っていたのが印象深いわ。可愛い顔をしてるけど負けず嫌いで、でも性格は愛らしいから先輩たちにも可愛がられていて。たとえメンバー内で揉め事があっても「必ずとことん話し合って解決する」そうなの。男気あるでしょ?

  さて後の3人にはちょっとした共通点が。というのも大我くんのパパは知っての通り京本政樹さんで、よくメンバーから「お金持ち大我」とからかわれていて。初めはそれがイヤだったみたいだけど「でも京本政樹の息子というのは事実だから」と受け入れて、自分であれこれジョークにして返していたり。「本当に歌が好きなんだ。特にファルセットはちょっと自慢」と言っていて音楽性もパパ譲りかも。ちなみにママもびっくりするぐらいの美人さんよ。端正な顔立ち、スレンダー体型だけど、芯はしっかりしてる大我くん。本人が言うよりはかなり話しやすくてフレンドリーな男子ね。

 お次はこちら。業界人は「あんなに小さかった慎太郎が、こんな筋肉隆々なマッチョマンになるなんて」と口にするのはよくある話。かつてジャニーズに所属していた森本龍太郎くんの弟で、当時は何かあると兄弟喧嘩をしていたなぁ。電車で帰る時、ご実家までは都内から少し時間がかかるから練習で疲れ切った2人は電車の中で寝てしまって、降りる時に慌てて弟を起こそうとしたんだけど起きなくて「殴って起こした」とか。いきなり殴られた慎太郎くんも痛さにびっくりして「殴り返した」と涙目で訴えたり。2人とも格闘技を習っていたし、小さくても力はそこそこあるから兄弟喧嘩も力が入っちゃって、いつも周りの人が止めに入ったりで大変だったのよね。

 慎太郎くんは入所当初から注目を浴びていたから何かと勘違いしちゃう時もあったんだけど、そんな時はお兄ちゃんがガツンと「コラ。お前の態度、生意気なんだよ」と言って叱ってたし。今じゃ本当に笑い話だけど、どんな時も真っ直ぐな生き方をする慎ちゃんは、見ていて気持ちがいいのよ。決して弱音を吐かない男。

1 2 3

「ジャニーズSixTONESのヤンチャで可愛かった少年時代を振り返る!!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。