エンタメ

浜崎あゆみの半生「ドラマ化決定」までが仕込み? 沈黙を貫く理由は

【この記事のキーワード】
【完成】浜崎あゆみの半生「ドラマ化決定」までが仕込み? 沈黙を貫く理由はの画像1

浜崎あゆみInstagramより

 浜崎あゆみのデビューからブレイクするまでの軌跡を綴った自伝的小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)。幻冬舎の見城徹社長は16日、トークアプリ「755」を更新し、「某テレビ局で連続ドラマ化が決定しそうだ」と明かした。

 『M 愛すべき人がいて』は、浜崎あゆみとエイベックスの代表取締役CEO松浦勝人氏との“禁断の恋”が描かれているとして、発売前から話題になった。発売後は、妻との離婚が成立した松浦氏に対し浜崎がFAXでラブレターを送ったことや、「SEASONS」や「M」「Trust」といった彼女のヒット曲がいずれも松浦氏へのラブレターであったことなどが判明し、衝撃を受ける人が続出。メディアでも大きく取り上げられ、発売初週で3.8万部を売り上げ、8月9日発表のオリコン週間BOOKランキングでは2位を獲得するほどの人気作となった。

 なお、本の冒頭には<事実に基づくフィクションである>との但し書きがあり、小説として脚色している部分もあると思われる。

 浜崎あゆみの存在自体が大きな話題となることを狙ってリリースした本であることは間違いないが、ドラマ化の話が事実だとすればそれも折込済の“あゆプロモーション”なのかもしれない。エイベックスが全面的に関与し、エイベックスの新人女優を主演に据えて「dTV」で連ドラ、という可能性なら大いにあり得るだろう。そうなった場合、30代当時の松浦氏をどの役者が演じるのかは気になるところだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。