軽自動車はあおり運転被害に遭いやすい ドライブレコーダー選びのポイントは

【この記事のキーワード】

ドライブレコーダーは前後撮影ができる2カメラのものを、画質、画角で選びたい

 あおり運転対策としてのドライブレコーダー選び、1つ目のポイントは、「前後からの撮影が可能」なこと。前方に割り込まれた場合だけでなく、後方から追突された場合や、後ろからあおられた際にも撮影できるようにだ。価格.comマガジンによると、フロントとリアの2つのカメラで前後撮影ができるドライブレコーダーが人気だという。単体のものを2つ取り付けるとなると費用もかかり、設置や管理にも手間がかかってしまうからだ。

  2つ目のポイントは「画質」。相手の車のナンバーが読み取れることが大事なので、画質はフルHD(1920 x 1080)、画素数は200万画素以上を目安にするといいそうだ。

 3つ目のポイントは「画角」。事故は真正面で起こるとは限らず、斜めから当てられた、ということもあるため、撮影できる画角(視野角)が広いほど安心。できれば108度以上で、さらなる安心を得たいなら120度以上の水平画角がある機種を選ぶとよいという。

 さらに、逆光でも鮮明に撮影できる「WDR機能」、「HDR機能」もあるとなお一層安心だ。また、あおり運転対策ではないが、駐車時の当て逃げや車上荒らしにも対応したいなら、「駐車監視機能付」がおすすめだ。

 価格は、最も売れている価格帯が1〜2万円。高価なものだと4、5万円するものもある。上掲のような、あおり運転対策の条件を満たすものだと、1万2,000円から3万円ぐらいだ。

あおり運転に遭わないための防止策と巻き込まれた場合の対処策

 あおり運転の被害に遭わないためにできる防止策、また被害後の迅速な解決のための手段としては、先述のように、ドライブレコーダーの設置が有効だ。それが無理なら、ダミーカメラでも、「ドライブレコーダー搭載、前後録画中」と書かれたステッカーをつけるだけでも抑止力になる。専門家によると、「自分の行為が記録として残されているかもしれない」と認識させることが抑止力になるそうだ。ステッカーなら1,000円前後で購入可能だ。

 また、前述したチューリッヒの調査によると、あおり運転をされたきっかけとして思い当たる行動として、最も多かったのが「車線変更をした」(17.7%)だったそうだ。次いで「追い越し車線を走り続けた」(15.3%)、「法定速度を守って走っていた」(14.5%)が上位を占めている。

 また、あおられやすい車の多くは、軽自動車やコンパクトカーなどの小さな車だったという。

 交通心理学の専門家、九州大学大学院システム情報科学研究院の志堂寺和則教授は、「走行速度が遅い、割り込みや無理な追い越しをされたなどと相手のドライバーに感じ取られてしまうことが、あおり運転に巻き込まれる要因になっている」と指摘している。

 あおり運転の標的になりやすい車に乗っている人は、後続車が急いでいるようなら道を譲る、車線変更をする際には早めにウィンカーを出す、他の車が死角に入っていないか入念に確認するなど、周囲に十分配慮した運転を心がけることが肝要だという。

 それでもあおり運転に巻き込まれてしまったら、どうしたらよいのか。

 先の志堂寺教授は、以下のような対応をアドバイスしている。

・後続車があおってきたら挑発にのらず、すぐに道を譲ること。

・追い抜かれたら、あおってきた車と車間距離を十分にとって、急停止などの危険行為に備える。

・同乗者がいる場合は、110番通報、ナンバーなどの記録、動画撮影をしてもらう

・車を停車させる際は、コンビニやサービスエリアなど、なるべく人目のある安全な場所を選ぶ。

・停車したら窓を閉め、ドアをロックして警察に通報する

 JAF(一般社団法人・日本自動車連盟)はさらに、脅しや挑発を受けても不用意に車外へ出ないよう、警察官が到着するまで車内に待機し、身の安全を確保するよう、HPで注意を呼びかけている。

1 2

「軽自動車はあおり運転被害に遭いやすい ドライブレコーダー選びのポイントは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。