「完璧な母親だけが子育ての権利を持つ」わけじゃない。大勢の人を頼る子育て/映画『沈没家族 劇場版』加納土監督インタビュー

【この記事のキーワード】

――子育て・家事は女性の仕事という意識が強かった当時、他人の、それも血のつながらない人々の手を借りて保育を行う穂子さんには、「母親失格だ」という否定的な意見もあったということですが、大人になった土さんは、そのような批判的な声に対してどう思われますか。

土さん:僕は「母親はひとりで子供を育てなきゃいけない」という決まりはないと思うから、穂子さんの考え方については、素直にいいなと思います。ただ、知らない人に子供を預ける勇気はすごいなと(笑)。

「完璧な母親だけが子育ての権利を持つ」わけじゃない。大勢の人を頼る子育て/映画『沈没家族 劇場版』加納土監督インタビューの画像5

「思った以上に多くの人たちに作品を観てもらえた」と話す土さん。一方で、「肩の荷が降りたという方もいますが、共同保育を遠いものと感じている人もいる」という。

――夫婦共働きと核家族が主流の現在、これまで通りの子育てスタイルにはさまざまな問題が生じています。だからこそ、”沈没家族”のような合理的な家族形態が求められるとも思うのですが、土さんはどう思われますか?

土さん: 他人と協力しあったり、互助会的に支え合ったりする生活は、共働きが主流になっている今の時代に合っていると思っています。

 でも、親以外の人が育児に関わることでストレスに感じる子供もいると思うし、多くの人の手で育った子供がどんな大人になるか、それは人によって変わってくると思うので、手放しでオススメできることでもありません。

 ただし、僕に限って言えば、”沈没家族”で育ったことによって、いろんな人やたくさんのアウトサイダーがいるんだと知ることができたし、知らないものを知ることができました。僕はめっちゃ楽しかったと思っているけど、もしかしたら自分の場合はたまたま上手くいっただけなのかも、とも思っています。

――土さん自身は、将来どんな「家族」を作りたいですか。

土さん: もし僕が家庭を持って、子供ができたら、”沈没家族”のように他人と一緒に住む子育てスタイルを選択するかと言ったら、それはまだ分かりません。でも、いろんな大人が出たり入ったりするような風通しが良い家庭でありたいなと思います。

 親の立場に立って考えると、子育てに関して「それはちょっと駄目じゃない?」とか言ってくれる人がいたほうが安心だと思うんですよね。

 穂子さんも、”沈没家族”のメンバーも、子育てなんてまったくの初心者だったし、何が子供にとって良いのか、日々手探りで悩んでくれていたんだと思います。人や家族によってベストは違うから、それぞれのやり方でベストを目指していけばいい。

 僕も将来、その時の環境や子供に合わせて柔軟に考えや生活を変えていけたらな、と思っています。

*******

 ひとりのシングルマザーが、子供と自分自身の幸せのために編み出した実践的な共同保育は、映画『沈没家族 劇場版』をきっかけに、あらゆる人の目に触れ、ひとつのロールモデルとして認識され始めている。

 母親が子供をひとりで育て上げることは、ひとつの美学ではあるかもしれないが、決して唯一無二の正義ではないと思う。自分と子供に合わせた家族というカタチを、それぞれが形成しても良いのではないだろうか。

 この取材を通して、私は「家族」という概念を今までより広く考えられるようになった。一般的なロールモデルを無理して追いかけるよりも、まずは自分と子供のために何がベストか考えて、生きやすい道を模索しようと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
映画『沈没家族 劇場版』
8月24日(土)より2週間
「ポレポレ東中野」でアンコール上映決定!

「完璧な母親だけが子育ての権利を持つ」わけじゃない。大勢の人を頼る子育て/映画『沈没家族 劇場版』加納土監督インタビューの画像6

(C)おじゃりやれフィルム

★ゲスト来場!
8/24(土)加納土監督舞台挨拶
8/30(金)加納土監督×玉置周啓(MONO NO AWARE)トークショー
8/31(土)加納土監督×山村克嘉(本作出演「山くん」)トークショー

また、『沈没家族 劇場版』のアンコール上映を記念して、期間中は「家族」「育児」「共生」をテーマにしたドキュメンタリー映画を特集しています。

当日一般1500円|大学・専門・シニア1200円|中・高・障害1000円|小学700円
※リピーター割引あり!半券提示で当日一般1200円

★詳しくは「ポレポレ東中野」公式ホームページへ!

1 2

あなたにオススメ

「「完璧な母親だけが子育ての権利を持つ」わけじゃない。大勢の人を頼る子育て/映画『沈没家族 劇場版』加納土監督インタビュー」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。