連載

稲垣吾郎が「来年、結婚しようと思うんだ」 気になる結婚相手は

【この記事のキーワード】
稲垣吾郎が「来年、結婚しようと思うんだ」 気になる結婚相手はの画像1

稲垣吾郎オフィシャルブログより

 今月20日、「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」の案内人として記者発表会に登場した稲垣吾郎さん。ジャニーズ事務所を退所して以降、テレビ局のジャニーズ忖度により地上波出演はほとんどないに等しいものの、この会見は朝の情報番組が取り上げるなど、事態は徐々に好転しつつある模様です。

 目下、注目されているのは、9月4日に東京ドームで行われるジャニー喜多川氏のお別れ会に、稲垣吾郎さんはじめ新しい地図の三人が出席するのかどうかということ。それぞれすでに仕事の予定があり出席できないと発言しているけれど……。当日、稲垣さんは主演舞台『FREE TIME.SHOW TIME「君の輝く夜に」』の真っ最中。それは確かに行けないかもしれないと思いつつ、舞台稽古を覗いたアツは、稲垣さんと意外なトークで盛り上がったといいます。それはなんと「結婚願望」が爆発しそうになっているという話で……。

___

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 8月30日(金)から、リニューアルされたピッカピカの日本青年館ホールで、稲垣吾郎さんの主演舞台『FREE TIME.SHOW TIME「君の輝く夜に」』が始まります。酷暑の最中のお稽古で大変なんじゃないかしら?  な~んて勝手に心配して、陣中見舞いと称して(下心ありありだったんだけど、隠しつつ)、こっそり舞台稽古を覗いてきましたぁ。

 この舞台は2012年、2014年、2016年と今まで3回に渡って上演されてきた『恋と音楽』シリーズで、“大人のための贅沢でオシャレなオリジナルミュージカル”として注目を集めた作品。ポスターやパンフレットも素敵で何から何まで凝っていて、オシャレをして見に行きたくなるような、心躍るワクワクしちゃうミュージカルなのよ。もちろんアツも初回からガブリ寄りで密着取材していて、楽しすぎてゲネプロではうっかり踊り出しちゃう始末で“いつメン”たちに止められ、吾郎ちゃんにも苦笑いされるという体たらくなんだけどね。

 でね、実は去年の夏、京都でこの新たな舞台が上演されたのだけど、なぜか京都だけで開催されたので、いつメンたちと“あくまでプライベートで京都まで見に行った”んだけど、それが令和になってようやく東京でも上演されることになったというわけ。「吾郎ちゃん命! 大好き」な先輩記者は「今回は時間が許す限り見倒すつもり」と息巻いてるぐらいよ。

 見倒したくなるほどの舞台のストーリーをちょっとご紹介。出演は吾郎ちゃんはじめ安寿ミラさん、北村岳子さん、中島亜梨沙さんたち。吾郎ちゃんと3人の美女たちの夏の終わりの恋物語を華麗な歌とダンスで魅せて行く最高のエンターテインメントなの。

 京都で行われたショーシーンを「東京公演ではリニューアルして、バージョンアップしたんだ。だから京都で見てくださった方たちにも、また新しい気持ちで楽しんでもらえると思う」と吾郎ちゃん。どんなに暑い夏でも、シレッと爽やかな顔でレッスンに励むんだから、さすがでしょ。しかもお稽古場にある鏡を見ると、すぐに髪型をチェックしてサラッと直すあたり「やっぱり吾郎ちゃんはどこにいても、何をしていても吾郎ちゃんだわ」と思って、クスッと笑っちゃったもの。ホント、ごめんなさいね~。

 さて今回は隠れていたつもりなんだけど、お稽古の合間に吾郎ちゃんから「バレバレ。最初から見えてたから」と呼び出しを食らったアツをさりげなく助けてくださったのは、安寿さん、北村さん、中島さんの美女3人。「ようこそ~」と迎え入れてくださって、去年の思い出話を教えてくださったの。

 美女軍団によると「昨年は京都で吾郎さんとよくお食事に行ったのよ。その後は結局みんなで飲んで。とにかく楽しかったのよ~。吾郎さんも私たち3人も同じぐらいお酒が強くてね。誰も『もう飲めないわ』なんて言わなくて。京都のあちこちのお店に吾郎さんに連れて行っていただいてね。焼肉も美味しかったわぁ。だから、実は東京公演でも期待しちゃってるのよ」なんて、本当に素敵なチームよね。

 しかも皆さん、美女な上にめちゃくちゃ細くていらっしゃるの。ウエストなんてあまりに細くてビックリよ。なのに「いっぱい食べていっぱい飲んで」の毎日だったなんて、ウラヤマシイ~。男前の美女たちで、会話もポンポン弾む感じでお酒も強くて。そしてどんなに飲んでも、高くて細いピンヒールで軽やかなステップを踏むように歩かれるの。しかも皆さん、生粋の舞台人だから何しろ声がいいのよ。うっとり聞き惚れちゃうぐらい。歌声はもちろんだけど、話し声がこんなに魅力的だなんて。もう完全ノックアウトよ。アツが男ならこの美女3人との恋に溺れちゃいそうだったもん。吾郎ちゃん、役得ね〜!

 マジで恋しそうなほどポーっとしていたら、吾郎ちゃんから「何をしてるの。僕の大切なお仲間なんだから失礼のないようにね」とまずは釘を刺され(いつものことながら信用ないなぁ)、「でも最高の舞台になりそうなことが分かったでしょ?   本当に素敵な人たちなんだ」って。はい、その点は十二分に分かったわ。惚れた惚れた! で、そこから吾郎ちゃんトークが始まったんだけど、何と日本青年館ホールは「両親が結婚式をした会場なんだ」と言うじゃないの。

「まだちゃんと確認したわけじゃないんだけど、昔、日本青年館ホールの前を車で通った時にお父さんがそんなことを言ってたんだ。二次会だけなのかな?  いや、若い頃はそんなにお金があったわけじゃないから、二次会だけってことはないな。たぶん結婚式とか、内輪だけの披露宴とかを挙げたんだと思う。そんな僕にとっても大事な場所で上演できるなんて、すごい偶然だと思わない?」

 こりゃいつも以上に力も入るわけよね。「毎回、両親は公演には何度も来てくれるけど、今回も来てくれるって。リニューアルはされたけど、お父さんお母さんにとっては思い出の地だからね。僕も感慨深いよ」とのことで、親孝行な吾郎ちゃんらしい発言のオンパレード。お姉さんや大きくなった甥っ子ちゃんや姪っ子ちゃんも来場されるようで、気合いも一段と入りまくりなわけ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。