年収1000万円と年収400万円、「保険」と「投資」の選び方で老後に大きな違い

【この記事のキーワード】

経済合理的なのはどっち?

 Bさんは、もしもの時の保障支出を抑える代わりに、つみたてNISAを使って毎月3万3000円ずつ積立投資をすることにしました。拠出する金額は、18年間(現在のところ2037年まで)で712.8万円です。仮に年率3%で運用できたとすると、953.6万円になる計算です。世界株式に長期で投資する場合の期待リターンを年5~6%とみる専門家は多く、長期、分散、低コストを守れば、3%は難しいリターンではありません。

 さて、今回のケース、Aさんはもしもの時のためにお金の減るお財布に1740万円も入れていき、結果、何事もなくよかったと1600万円をありがたがり、かたやBさんは、もしもの時のために88万8000円で安心を買い、税制優遇のある口座で運用する。どちらが経済合理的かおわかりになるでしょう。

1 2

「年収1000万円と年収400万円、「保険」と「投資」の選び方で老後に大きな違い」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。