社会

薬物犯罪で逮捕された芸能人へのバッシング、薬物治療を妨げる危険性/松本俊彦先生インタビュー

【この記事のキーワード】

バッシングは薬物依存症患者の希望を奪う

 ピエール瀧さんや田口淳之介さん、小嶺麗奈さんが逮捕された際、多くのメディア、ことにテレビのワイドショーは、彼らを批判したうえで、薬物依存症の「恐ろしさ」を強調していた。

松本:報道は薬物使用者に対してかなり批判的で、人格否定のような発言も見受けられました。それらの発言は、当事者である薬物依存症の患者さんたちの希望を奪ってしまうという問題があります。

薬物を使用している人たちは、本当は助けてもらいたいのです。でも、「自分は犯罪者だし、治療を受ける資格はないんじゃないか」と思い込んでおり、なかなか治療に踏み出せない現状があります。もともとのそうした状況に加えて、テレビで薬物を使用した芸能人がバッシングに晒されているのを見ると、「やっぱり薬物に手を出した自分はダメ人間なんだ」「社会には自分の戻れる場所がないのではないか」と絶望し、ますます治療から遠ざかってしまうこともあるのです」

 また、テレビで薬物の話が報じられる際、薬物のイメージとして「白い粉」や「注射器」の映像が使われることも少なくないが、それも問題だという。せっかく治療につながった患者さんが、テレビで「白い粉」や「注射器」が出てくる度に薬物への欲求を刺激され、再使用してしまうケースもあるからだ。

松本:コメンテーターによるバッシング発言にせよ、「白い粉」などの映像にせよ、現在の薬物報道は、今まさに頑張っている人の治療を妨害し、さらに、これから治療を受けようか迷っている人の治療へのアクセスを阻害している側面があります。薬物依存症の治療に携わる我々から見て、好ましい状況ではありません。

 薬物犯罪を糾弾する報道が、回復に向けて治療している薬物依存症患者の人たちに悪影響を及ぼしている。これは皮肉なことだ。

松本:薬物の「最初の一回」を防ぐことは確かに重要ですが、同時に、薬物に手を出してしまったけれど回復しようと頑張っている人たちを励ますことも重要です。乱用防止と再乱用防止の両輪がうまく機能しなければ、薬物問題は解決しません。そこのところを、報道する側の人々には理解してほしいと思います。

薬物を使用すれば即「廃人」になるわけではない

 私たちは薬物に関する知識を決して多く持ち合わせていない。テレビの報道では、薬物使用者を責めると同時に、恐怖を煽るように「薬物を一度使用すると薬物地獄から抜け出せなくなる」と伝えるものもあるが、事実、そうなのだろうか?

松本:実際は違います。テレビなどで伝えられる薬物依存症は、現実とは乖離していることが多い。現実には、薬物を「一回使ったら一気にハマって一気に廃人になる」なんてことは起きません。初めて薬物を使った時に多くの人は「言われるほど気持ちよくないし、怖いことも起きない」と感じるのです。薬物の怖さはむしろ、「最初はたいしたしたことがなくて、大丈夫だろうと思っているうちに気づいたら引き返せなくなっている」ところにあるのです。

 最初は「言われているほどたいしたことは起きないじゃないか」と油断してしまう。けれど、止められなくなっていく。

松本:近年、海外では大麻を規制緩和する動きが活発で、日本でも海外留学中などに大麻を吸った経験がある若者も少なくありません。よくも悪くも、大麻の使用経験はじわじわと広まっていると思われます。数年前、「脱法ハーブ」をはじめとした危険薬物の乱用が非常に深刻化しましたが、大麻は吸ってもテレビで見るような異常な状態に陥らないため、危険薬物を使用した若者たちは、「脱法」の危険薬物よりも「違法」の大麻のほうがはるかに安全だと感じてしまっています。

 薬物を一度でも使用すると、誰でも「依存状態」になるのかというと、これもイメージと実体には乖離がある。

松本:薬物を使用した全員が依存症になるわけではありません。割合比率に関しては、一概には言えないというのが現状です。海外のものも含め色々なデータが存在していますが、正直どこまで信用していいかわからないところがあります。

たとえば、覚醒剤を一回使った人のうち依存症になるのは15%程度とするデータがあります。一方で、アルコールを飲んだ経験のある人のうち、将来一時的にでも依存症になる人の割合は4%ともいわれています。アルコールはれっきとした依存性薬物ですが、アルコールを飲んだ人全員が将来依存症になるわけではない。これは覚醒剤のような薬物も同じだと言えます。

 多くの患者に向き合ってきた松本先生から見て、「依存症になる人」と「依存症にならない人」の明確な“違い”はあるのだろうか。

松本:もちろん個人差はありますし、薬物依存症になる人が抱えている背景は様々ですが、生活があまりに辛い状況にある人や、悩んでいても人にうまく相談できず自分で抱え込みやすい人は、依存症になりやすいと言えます。

それから、うつやパニック障害など、もともとメンタルヘルスの問題を抱えている人は、抱えていない人よりも依存症になりやすいことがわかっています。

薬物で何度も逮捕されている人は、ある意味で本当に生きづらさを抱えている人ですし、逮捕や刑罰によってますます社会の中で行き場を失い、やめられなくなっている状況にあるとも言えます。薬物は犯罪ですが、少なくとも薬物依存に陥った人たちの“回復”に、刑罰は役立っていない可能性があるということです。

―――

後編では、薬物依存症になっても「解決策はある」と啓発していることの大切さを、引き続き松本俊彦先生に聞く。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。