エンタメ

木村拓哉がまた「型破りな天才」? ドラマ『グランメゾン東京』のデジャヴ感

【この記事のキーワード】
木村拓哉はいつまで「型破りな天才」? ドラマ『グランメゾン東京』のデジャヴ感の画像1

Johnny’s net より

 今年秋クールのTBS系「日曜劇場」で放送される木村拓哉主演の連続ドラマのタイトルが、『グランメゾン東京』に決定。すでに発表済みだった鈴木京香に加え、Kis-My-Ft2の玉森裕太、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹らキャストが新たに発表された。

 木村拓哉が演じるのは、フランス料理のシェフ・尾花夏樹。パリで開いたフランス料理店で二つ星を獲得し、カリスマシェフともてはやされるも三つ星には手が届かず、ある事件を機に店も仲間もすべて失いどん底に落ちる。しかし、女性シェフ・早見倫子との出会いがきっかけで再起をかけ、世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げることを決意。<“大人の青春”をかけたヒューマンストーリー>だそうだ。

 今年5月に、木村拓哉が秋クールの「日曜劇場」で天才シェフを演じることや、ヒロインが鈴木京香であることは発表されていた。その時点で「また天才の役?」と冷笑的な反応もネット上では多かったが、いつからか「木村拓哉といえば型破りな天才」というイメージがべっとりこびりついてしまっているようだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。