エンタメ

NGT48と山口真帆サイドの確執再び 「山口こそ犯人と繋がり」の意味とは?

【この記事のキーワード】
【完成】NGT48と山口真帆サイドの確執再び 「山口こそ犯人と繋がり」の意味は?の画像1

NGT48劇場(撮影:編集部)

 NGT48の運営会社AKSが開いたメンバーの保護者に対する説明会の音声データを、「週刊文春」(文藝春秋)がweb版で公開した。音源の中には、AKSの吉成夏子社長による「暴行事件の犯人グループは『山口真帆と繋がっていた』と言っている」との証言もあり、ファンの間に波紋を広げている。

 保護者会があったのは、今月17日。NGT48が劇場公演を再開させる前日だった。40人ほどの保護者とAKSの役員、スタッフが出席したという。「週刊文春オンライン」においてその一部が、全文は有料会員制のサービス「週刊文春デジタル」にて公開されている。

山口真帆は「犯人とメンバーが繋がっている」という証拠の提出を拒否

 保護者会では最初に、セキュリティー強化やSNSの講習会の内容を紹介。その後、吉成夏子社長による「現在の状況」についての説明があったという。

 吉成氏はまず、山口真帆が卒業公演の際、吉成氏から「不起訴であれば事件じゃない」と言われパワハラを受けた、と明かしたことについて、「そのような事実は一切ない」と否定。公に否定しなかった理由は「言った言わないの話になってしまう」からだと説明した。

 吉成氏は山口と計15時間ほど、話し合いをしたという。山口は暴行事件をShowroomで告発した際も、その後のSNSでも、一貫して「犯人と繋がっているメンバーがおり、犯行を教唆した」と主張しているが、吉成氏との面談でも同様の証言をしたという。その証拠も持っていると言い、吉成氏に対して「事件に関わった4人を解雇してほしい」と主張していたそうだ。

 しかし山口は「メンバーと犯人が繋がっている証拠」の提出を求められると、「隠蔽されるから証拠は出せない」と頑なに拒んだという。今年3月に発表された「第三者委員会」の調査報告でもメンバーが事件に関与しているという事実は認められず、「証拠もないのにメンバーを解雇することはできない」ことから、運営は山口の言うメンバー4人を解雇しなかった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。