星野源はソロで紅白出るほどブレイク! 解散したバンドのボーカルがソロ活動を始める割合は?

【この記事のキーワード】

ボーカルはいつ頃ソロ活動を始めていたのか

 では次に、上記のバンドのボーカルがいつ頃からソロ活動をしていたのかを見てみたい。

 ソロ活動は、往々にしてバンドの解散後に本格化することが多いが、場合によってはバンドの解散前から大々的にソロ活動を行っているボーカルも少なくない。

 では、実際その割合を比較してみるとどうだろうか?

【完成】星野源はソロで紅白出るほどブレイク! 解散したバンドのボーカルがソロ活動を始める割合は?の画像3

バンドのボーカルがソロ活動を始める時期は?

 結果は、解散前と解散後でほぼ半々の数字である。

 ロックファン界隈には「ボーカルや他メンバーが別で活動し始めたら解散が近いサイン」という都市伝説があるが、バンドで活動している時期にソロ活動を始めるのは、そこまで主流なわけではないようだ。

 逆をいえば、解散前でも解散後でもいつでもボーカルはソロ活動を始める可能性があるとも言えるだろう。

ボーカルがソロ活動しているバンドの解散理由は「音楽性の違い」なのか

 では、最後にバンドの主な解散理由の一つである「音楽性の違い」について見てみよう。

 「音楽性の違い」とは、バンドが解散するときに使われる慣用句のひとつで「メンバーがそろって同じ方向を見られなくなった」、「今後はそれぞれの音楽活動に専念したい」といった理由で解散する状態を指す用語である。

 バンドの中でも、特にロックバンドに関してはこの「音楽性の違い」による解散の割合が非常に高い。そして「音楽性の違い」で解散している以上、「ソロで好きなことをやりたい」とソロ活動を始めるボーカルは非常に多いのではないかと推測できる。

 というわけで、バンドの解散理由を以下の5項目に分けて、ボーカルのソロ活動率を調べてみた。

・音楽性の違い
・やり遂げた、期間満了
・オトナの事情 ※解散理由非公開も含む
・将来性を考えて
・健康上の理由

【完成】星野源はソロで紅白出るほどブレイク! 解散したバンドのボーカルがソロ活動を始める割合は?の画像4

解散理由とソロ活動の関係性は?

 結果を見ると、ソロ活動をしているボーカルと、そうでないボーカルの間で、大きく解散理由が異なっているわけではないようである。

 特に(私が個人的に問題視していた)「音楽性の違い」については大きな差は見られず「音楽性の違い」で解散したからといって、ボーカルのソロ活動が多いわけではないようだ。

 むしろグラフをよく見ると、ソロ活動あり/なしのボーカルで最も差が大きかったのは「やり遂げた」という理由で解散したバンドの方であった。

 これは「このメンバーで出来ることは全てやったと感じている」「これ以上の作品をこのバンドでは作れないと思った」といった理由で解散しているバンドを指しており、今後こういったやりきり型でバンドが解散したときは「このメンバーで出来ることは全てやったと感じている(のでこれからはソロ活動に専念する)」という意味合いで捉えてもいいのかもしれない。

 というわけで、今回の調査はここまでである。バンドの解散はファンにとって悲劇だが、場合によっては、メンバーそれぞれが音楽活動を始めることで、解散前よりも音源やライブが増えて音楽生活が充実するということもある。また、星野源のようにソロ活動で飛躍するアーティストも珍しくはないので、「解散=終了」と思わず、新たな気持ちで応援していきたい。

1 2

「星野源はソロで紅白出るほどブレイク! 解散したバンドのボーカルがソロ活動を始める割合は?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。