社会

ソウルの日本人女性暴行事件に「日本男子も韓国女性を暴行しなけりゃいけない」 嫌韓演出は視聴者を喜ばせているのか?

【この記事のキーワード】
【た】ソウルの日本人女性暴行事件に「日本男子も韓国女性を暴行しなけりゃいけない」 嫌韓演出は視聴者を喜ばせているのか?の画像1

『ゴゴスマ』(TBS系)公式サイトより

 韓国・ソウルを旅行していた日本人女性が韓国人男性に押し倒されたり、髪を掴まれるなどの暴行を受けた事件は、日韓関係が悪化している渦中ということもあり、両国において大きな騒ぎに発展している。

 この暴行動画はSNSで拡散されたが、日本の各メディアもこの事件について大々的に報じた。だが、一般視聴者の“嫌韓”を煽るような演出や、コメンテーターの侮蔑的な発言が目に余る。27日放送の『ゴゴスマ!』(TBS系)では、火曜コメンテーターの武田邦彦氏がヘイトスピーチを繰り出した。

「女性観光客を、その国の、訪れた国の男が襲うなんていうのは、これはもう世界で韓国しかありませんよ」

 この差別的な発言にはスタジオも騒然とし、共演者の麻木久仁子らは「それは言い過ぎです、先生」などと静止。しかし武田氏はなおも「韓国の大統領から何から政治家から何からマスコミも全部、反日的雰囲気をつくったなかで生まれてるんですよ」などと、持論を延々と並べ続けた。

 その後、悪化する日韓関係の影響から8~9月に大阪を訪れた訪日韓国人数が昨年と比べて最大8割も減ったことが話題に上ると、ここでも武田氏は「そりゃあ、日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しなけりゃいかんからね」「日本人男性は我慢すると思うよ? でも、もう(暴行事件が)起こっても仕方ないんですよ」などと恐ろしい主張を繰り返した。

 武田氏の発言が日韓双方の国民を侮辱する偏見であることは言うまでもなく、共演者たちは武田氏の問題発言に異論を唱えていたが、番組はそのまま続行。謝罪や訂正はなかった。

 武田氏は以前も『ゴゴスマ』で時代錯誤な偏見を垂れ流した前科がある。今年2月の放送で、元自民党の田畑毅氏に知人女性に対する準強制性交と盗撮が発覚した件を取り上げた際のことだ。被害女性は酒に酔って寝ているところを乱暴されたとして被害届を提出していたが、武田氏は「自宅で酒を飲んだら合意ですよ!」と持論を展開し、共演者から総スカンを食らった。

 ニュースを解説するコメンテーターの椅子に座りながらも、武田氏は準強制性交罪の意味を知らなかったのだろうか。また上記の発言は、世界的にその重要さが認識され始めている「性的同意(Sexual Consent)」という考えを完全に無視しており、武田氏がコメンテーターに求められる知識を持ち合わせていないことがうかがえる。

 韓国へのヘイトスピーチ然り、こうした武田氏のスタンスを“炎上芸”といえばそれまでだろうが、不勉強かつ不誠実なコメントを繰り返す人物をコメンテーターとして重用する『ゴゴスマ』には疑問しかない。

テレビに蔓延する嫌韓報道と“拝視聴率主義”

 武田氏の発言が“コメンテーターたる識者のことば”として全国に垂れ流されたことは、由々しき事態といえる。マスメディアから視聴者が受ける影響は未だに大きく、あからさまなヘイトスピーチを公共の電波に乗せてまき散らしたTBSが、その責任を問われてもおかしくはない。

 しかしTBSのみならず、このように視聴者のヘイトを扇動する報道は、テレビメディア全体に蔓延している。フリーアナウンサーの久米宏は17日、パーソナリティーをつとめる『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ)内で、連日のように「韓国叩き」をするワイドショーへの違和感を語っていた。

 久米宏は番組冒頭、お盆休みでテレビをよく観ていたことを明かしたうえで「日韓関係を取り上げているワイドショーがかなりあって」と切り出し、「揶揄するようなね、韓国を。(揶揄)するような人たちがひな壇ゲストに並んでいたりするワイドショーがわりと多くて。どうも、テレビが反韓国キャンペーンをやっているような匂いが少しだけするんです。それってどうなのかなって」と、テレビの報道姿勢を批判。

 そのうえで、「もしかすると今、韓国を叩くと数字が上がるんじゃないかってね。(中略)そうじゃなきゃ。連日やっているワイドショーもあるんですよ。毎日、韓国叩きやってるんですよ」と喝破した。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。