「メリジュリ派の日テレが?」芸能記者が驚いた香取慎吾の登場

【この記事のキーワード】

かねてよりI女史ではなくメリジュリ派閥の日テレがなぜ?

 ジャニーズ事務所が公正取引委員会から注意を受けたという出来事は記憶に新しいニュースだけど、8月27日には公正取引委員会が事務所のどんな行為が独占禁止法上問題となるのか、初めて具体的な事例をあげてまとめたのよ。

 所属事務所を移籍、独立したタレントと事務所間で待遇等を巡りトラブルが多発したことから、公正取引委員会が重い腰を上げてようやく動き出したわけなんだけど、業界でも「これでまた一歩、新しい地図のみんなの地上波テレビ復活への道が縮まったね」と大騒ぎ。

 で、その矢先も矢先、8月27日の『スッキリ』(日本テレビ系)では吾郎ちゃんや草なぎ剛くん、香取慎吾くんが出席した『東京2020パラリンピック1年前カウントダウンイベント』の模様を紹介し、翌日28日には何と慎吾くんが『スッキリ』に生出演して、国際パラリンピック委員会の特別親善大使という立場からパラスポーツの魅力を熱弁。ファンの皆さんもだろうけど、マスコミの間でもビックリしつつも大喜びする人がいっぱいいたのよ。

 だって『スッキリ』のMCである加藤浩次さんと慎吾くんは2002年のドラマ『人にやさしく』(フジテレビ系)で共演した仲だし、今まで加藤さんだけは折に触れ、仲良しの慎吾くんはじめ、剛くんや吾郎ちゃんの事を気にかけて番組内でコメントしてくれてたしね。そんな加藤さんの番組にいち早く慎吾くんが生出演したから、アツは再会に目を潤ませていたんだけど。でも放送を見ていた同僚記者はご立腹の様子で、こんな厳しい意見も……。

「慎吾のテレビ出演は嬉しいの一言に尽きる。だけど今までどの局よりも早く徹底した“SMAP切り”及び“新しい地図切り”をしてきた日テレが『どーぞどーぞ』とばかり、手のひら返しで素早く動き出した辺りがめちゃくちゃきな臭いし、何だか釈然としない」

 確かにかつて日テレでは、吾郎ちゃん出演の『WIN』や『特命リサーチ2000X』シリーズを放送。剛くんは  『どっちの料理ショー』等にレギュラー出演していたし、SMAPとの縁は深いの。慎吾くんは知っての通り『香取慎吾の特上!天声慎吾』シリーズに長年、出演してきたし。

 でも『天声慎吾』は、慎吾くん本人や多くのファンの惜しむ声を丸無視していきなり最終回に。当時、突然の最終回に納得がいかなかったI女史が日テレに理由を聞いたところ、「予算がなくて、番組制作が困難になった」の一点張りだったんだそう。その当時、アツも日テレに確認したんだけど「打ち切りの理由としては“制作費がないんです”というのが一番無難な答えだから」なんてシレッと言っていて仰天しちゃったのをしっかりよ~く覚えているわ。

 吾郎ちゃん、剛くん&慎吾くんへの“日テレのレギュラー番組壊滅事件”は後後まで尾を引いて、おへそを曲げてしまったI女史は「日テレからの電話には一切出ない」と全力スルー。その期間は数カ月間続いて、かなりギクシャクしていたのよ。何年も前の騒動とはいえ、そんなギスギスした関係だったのに、唐突に『スッキリ』に出演するもんだから、業界人たちが「えっ、なぜ日テレに出演?  どんな思惑が?」とうがった見方をしちゃうのも仕方ないと思うの。

 だって、日テレがI女史チームの彼らを切って、ジュリー副社長が育てたTOKIOや嵐の重用に舵を切ったってことはバレバレよね。日テレサイドは「いや、今回の慎吾くんの場合はたまたまタイミングが合っただけで~」って、子供でも言わないようなヘッタクソな言い訳をしてたけど。

 でもでもでもね。どんな思惑があろうと、盛大な忖度があろうと、本当はそんなこたぁどうだっていいのよ。アツ的には「どんな形であれ、地上波テレビに出演してくれれば」であって、もうそれだけで言う事なし。ファンの皆さんもきっとそうでしょ?

1 2 3 4

あなたにオススメ

「「メリジュリ派の日テレが?」芸能記者が驚いた香取慎吾の登場」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。