エンタメ

相葉雅紀は「嵐のお荷物」なんかじゃない! 低視聴率でも好感度高くCM本数は1位

【この記事のキーワード】
【完成】相葉雅紀は「嵐のお荷物」なんかじゃない! 低視聴率でも好感度高くCM本数は1位の画像1

相葉雅紀

 今月24日から25日にかけて放送された『24時間テレビ42・愛は地球を救う』(日本テレビ系)。平均視聴率は16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)、瞬間最高視聴率は39.0%であり、昨年を超える数字を叩き出した。しかし、メインパーソナリティーである嵐の相葉雅紀が主演した番組内のスペシャルドラマの視聴率は芳しくなく、ネット上では、「相葉雅紀は嵐のお荷物」などという記事も出ている。

 相葉が主演を務めたドラマのタイトルは「絆のペダル」。相葉演じる自転車選手の主人公が、肝臓の病気を患った母親(薬師丸ひろ子)に生体肝移植をするという選択により自身も手術を受け、葛藤しながらも選手として復活するまでを描いた実話に基づくストーリーだ。

「相葉雅紀が足を引っ張った」は“いじめ”的

 相葉雅紀の他にも、田中圭や波瑠など人気役者も出演しており、視聴率は18.0%だった。通常のドラマと比較すると驚異的な高さの数字だが、『24時間テレビ』内の歴代ドラマでは、ワースト3位。嵐メンバーは櫻井翔以外の4人が同番組のスペシャルドラマに主演しているが、その中でも「絆のペダル」は最も低い視聴率だった。ちなみに嵐の視聴率の順位は、1位は松本潤の「みゅうの足パパにあげる」(2008年)で25.6%、2位は二宮和也の「車イスで僕は空を飛ぶ」(2012年)で23.8%、3位は大野智で「今日の日はさようなら」(2013年)で23.4%だ。

 このことから、「相葉雅紀が『24時間テレビ』の足を引っ張った」「相葉雅紀は嵐のお荷物」などと叩かれているわけだが、そもそもドラマの視聴率がすべて主演の責任ということは全くない。相葉を他のメンバーと比較し、「劣っている」と責めるような記事自体、いじめに等しいともいえる。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。