平愛梨が沈黙を貫く三瓶のスピード帰国「トルコのすべてが合わなかった」

【この記事のキーワード】
【完成】平愛梨が沈黙を貫く三瓶のスピード帰国「トルコのすべてが合わなかった」の画像1

平愛梨Instagramより

 長友佑都と平愛梨の専属料理人になるためトルコに渡ったものの、わずか2カ月で日本に戻ってきた三瓶。今月1日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演し、「トルコへ戻ろうとは思わない」と宣言した。一方の長友と平はともに、三瓶の帰国について未だにコメントを発信していない。なぜなのだろうか。

 三瓶は今年3月、長年レギュラー出演していた『もしもツアーズ』(フジテレビ系)を降板し、「人生をかけて行ってきます!」と宣言しトルコに渡った。しかし、先月17日に放送されたバラエティ番組『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)に突如出演し、「心が折れて、2カ月で帰国」「ホームシックになって帰国」したと報告。「絶望」と題したネタを披露し、<三瓶くん、トルコの水が合わなかったり、心が折れたときは泣いたほうがいいんだよ>と自らに語り掛けたのだった。

 『ワイドナショー』では、「今はだいぶ落ち着きました」と、日本に戻ってきてリフレッシュした様子を見せた三瓶。トルコの“全部”が合わなかったと言い、ダウンタウンの松本人志からの「またトルコに戻ろうと思わないの?」という質問にも、「ちょっと思わないです」と返した。トルコでの料理人修行は、本当に終了したようだ。

 なお三瓶は昨年3月、古郷の福島県に拠点を移し、吉本新喜劇の福島ver.を構想しているとも明かしていたが、現地の吉本興業の社員と合わず、こちらも断念していたそうだ。

1 2

「平愛梨が沈黙を貫く三瓶のスピード帰国「トルコのすべてが合わなかった」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。