韓国人を病気扱いする「週刊ポスト」嫌韓・断韓特集の罪

【この記事のキーワード】

 青木理氏は『モーニングショー』において、日本のワイドショーにおける乱暴なコメント群にも、異議を唱えた。この日の放送では、韓国国内でも文政権を批判する集会が開かれるなど、文政権に逆風が吹いていることを報じたが、青木氏は「韓国では比較的、文政権のやり方おかしいんじゃないかっていう声が出てきて、これまで反日一色だったのが、韓国の世論が多様化している感じがする」とコメント。

 そのうえで日本のワイドショーに言及。「ほぼ韓国批判一色、どころか、言いにくいんだけどこの局なんかも含めて、非常にテレビで乱暴な、韓国なら何を言ってもいいんだみたいな状況の人たちがたくさん出てきて、またみんなで(嫌韓を)煽っているという状況になっている。本来、政治とメディアが煽っちゃいけないのに、煽ってちょっといい気になっているっていう風潮が、日本で強まっている。っていうあたりが、僕はここのところすごく気になっている」と、コメントした。

 TBSでは『ゴゴスマ』『ひるおび』において、コメンテーターが嫌韓感情を煽るコメントや差別的なコメントを繰り返している。

 一方で、日本にも韓国へのヘイト感情を煽られることを望まない人々、冷静な対話を望む人々は決して少ないわけではない。両国政権の対立に踊らされ、メディアに煽られて、国民同士が憎しみを増幅させるような愚かな展開だけは、避けなければいけないはずだ。マスメディアは争いを加速させるのではなく、止める役割を担うべきだろう。

1 2

「韓国人を病気扱いする「週刊ポスト」嫌韓・断韓特集の罪」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。