予防接種は「危険」で「怖い」? 迷う保護者に届けたいほんとうの情報

【この記事のキーワード】

優しく、易しく解説します!

 現在、この3番目の段階にある国が多いので、根絶目前だった麻疹がまた再興してきたのです。これは日本だけでなく、アメリカ、ブラジル、ウクライナ、イタリアなど至るところで問題になっています。

 この本は、私が推薦して宮原先生との共著になりました。それで、よりよい本になったと思います。ワクチンの仕組みや作られ方、予防接種制度はむずかしく込み入っているので、書き手やチェックする目が多い方がいいからです。

 また、宮原先生は渡航ワクチンも含め、以前からワクチンについて詳しく、経験も多かったのです。ついでに、原稿が速いのでいい刺激を受けました。

※自国から渡航先に感染症を持ち込んではいけないので、渡航先の国が入国の際に、その予防接種を打っていることを求めているもの。そして、地域によってかかりやすい感染症が違うことから、渡航先でかかる可能性のある病気から自分自身をまもるため事前に接種しておくもの。

 よくわからない予防接種について知りたいという人が読んでくれるには、優しい語り口でないといけないと思いますし、医療関係者でない人にも入りやすいように易しくないとダメですね。でも、単純化しすぎると正確さに欠けます。オオノ・マユミさんのかわいいイラストや表をたくさん活用し、わかり易い優しい本になったと思います。

 ワクチンについて知りたいと思っている方はぜひ、『小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK 疑問や不安がすっきり!』を手に取ってみてください。

1 2 3

「予防接種は「危険」で「怖い」? 迷う保護者に届けたいほんとうの情報」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。